W25 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W25
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ空軍
開発・生産
開発期間 -1957年
生産期間 1957年-1960年
配備期間 1957年-1984年
生産数 3,150発
要目
核出力 1.7kt
弾頭 核分裂弾頭(インプロージョン方式)
直径 17.35-17.4インチ
長さ 25.7-26.6インチ
重量 218-221ポンド
テンプレートを表示

W25アメリカ合衆国が開発した核弾頭アメリカ空軍AIR-2ジニー空対空ロケット向けの弾頭である。

AIR-2ジニーは冷戦期において、ソ連の爆撃機を確実に撃墜する空対空兵器として開発されていた。空対空誘導ミサイルの開発初期の時期であり命中性が低く、また爆撃機が核爆弾を搭載している可能性に鑑みるに、確実に撃墜を期すために核弾頭搭載ロケットが検討された。W25はAIR-2ジニーの弾頭であり、核出力は1.7kt。時限信管により敵機近傍で爆発することを期待されていた。

W25はmod0とmod1の二つのサブタイプがあり、サイズは直径17.35-17.4インチ、長さ25.7-26.6インチ、重量=218-221ポンド。ブースト型ではない核分裂弾頭であり、インプロージョン方式となっている。核物質にはプルトニウム濃縮ウランの複合したものが用いられている。1957年から1960年にかけて3,150発が生産された。また、W25搭載のAIR-2ジニーはアメリカ軍の管理の下、1964年から1984年にかけてカナダ空軍CF-101戦闘機搭載用に配備されている。[1]

注釈[編集]

  1. ^ Canadian Nuclear Weapons: The Untold Story of Canada's Cold War Arsenal ISBN 1550022997