Vuze

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vuze
Vuze icon.png
Vuze 4.1.0.4.PNG
Azureus 2.5.0.0
開発元 The Vuze Team
最新版 5.2.0.0 / 2013年11月26日
対応OS クロスプラットフォームWindows, Mac OS X, Linux, FreeBSD
プラットフォーム Java
種別 ファイル共有ソフト
ライセンス GPL
公式サイト azureus.sourceforge.net
テンプレートを表示

Vuze(ヴューズ)は、WindowsMac OS XLinuxFreeBSDで動作するオープンソースBitTorrentクライアントである。GNU General Public License下で配布されている。Java仮想マシンがインストールされたコンピューターで利用できる。

2003年よりVuze, Inc(旧Zureus, Inc)がコアデベロッパーとして開発。最初のリリースは2003年6月、Azureus(アズレウス)という名称でSourceForge.netにて行われた。当時はSWTを用いた実験的なソフトウェアとして開発されていたが、今ではSourceForge.netの代表的なプロジェクトの一つ[1]となっている。

現在このソフトウェアは、中核となるBitTorrentクライアントであるAzureusと、動画の共有やチャットなどの機能を提供するGUIであるVuzeとを合わせた構成になっている。

機能[編集]

Vuzeは、標準BitTorrentクライアントより大幅に機能が強化された設計をされており、各種プラグインによってさらに機能を持たせることもできる。I2PTorなどの匿名通信プロトコルに対応している。以下に特徴的なものを挙げる。

健康状態
ダウンロードのレジューム
通常のダウンロードの再開はもちろん、予期せぬエラーなどによりダウンロードの進捗情報なども消失してしまった場合でも自動的にダウンロードの進捗を計算し直し、再開する機能がある。
詳細なTorrent情報の表示
接続中、接続待機中のピアの一覧・ピース(ファイルの断片)の取得完了情報などを表示する。他にも現在通信中のピース情報、Torrentに記述されている各ダウンロードファイルごとのピース取得完了情報などをグラフで詳細に表示する。ファイルごとの優先度設定も変更できる。
プロトコルの暗号化
通信を暗号化する機能。ただしこれはプロトコルを暗号化するだけであって、匿名性はない。
swarm
ピアとの通信状況をグラフィカルに表示する機能。
Torrentファイルの作成
ウィザードによってTorrentファイルを作成できる。Azureusは自身がトラッカーとなるのでTorrentファイルを作成したら、そのまま配布できる(一般的な意味でのトラッカーは不要)。
Rating(Pluginにて提供)
Torrentファイルごとのレーティング(5段階評価)や、コメントを共有する機能。
UPnP(Pluginにて提供)
ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ (UPnP) 対応ルータを使っているときに、自動的にポートを割り当てる機能
UPnP Media Server(Pluginにて提供)
分散データベース(Pluginにて提供)
LAN Peer Finder(Pluginにて提供)
通常のネットワークに加えて、LAN内部でAzureusネットワークを構築する機能
Azureus Update(Pluginにて提供)
ソフトウェア本体・プラグインのバージョンアップを感知し、Torrentネットワークを使って自動的にダウンロードする。ブラウザを起動することなくバージョンアップが可能。
SMS Notifications(Pluginにて提供)
各ダウンロードの完了状況などをSMSにて知らせる機能
Web UI(Pluginにて提供)
HTTP通信によって、外部からAzureusを操作する機能。

Azureusという名前の由来[編集]

旧名称の「アズレウス」とは南アメリカ原産のヤドクガエル科の一種「コバルトヤドクガエル」(学名:Dendrobates azureus)の種名に由来する。シンボルマークで描かれているのはこのコバルトヤドクガエルである。共同開発者であるTyler Pitchfordが命名。

脚注[編集]

外部リンク[編集]