Visual Studio Application Lifecycle Management

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Visual Studio Application Lifecycle Managementマイクロソフトが提供する、統合されたソフトウェア開発ツールであり、統合開発環境(IDE)、バージョン管理、作業管理機能、自動ビルド、レポーティング生成を行う機能を含む。Visual Studio 2005 から Visual Studio 2008 までは Microsoft Visual Studio Team System(VSTS)というブランド名であったが、2009年10月に Visual Studio 2010 の一部として Microsoft Visual Studio ALMと改称[1]しリリースされた。

概要[編集]

Visual Studio ALM は以下の製品から構成される[2]

  • Team Foundation Server - ALMツールの中核となるサーバ製品であり、バージョン管理や自動ビルド、プロジェクト管理のデータストアも兼ねる。
  • Visual Studio - Ultimate、Premium、Professionalのエディションから構成される統合開発環境である。Team Foundation Server の機能を使用するためのインターフェースとなる。
  • Visual Studio Test Professional - テスト作成や実施をするためのIDEであり、テスターやコーディングを行わない関係者向け製品である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Octavie van Haaften (2009年11月25日). “Visual Studio 2010 Team System session”. 2012年12月18日閲覧。
  2. ^ Microsoft MSDN Library. “Application Lifecycle Management with Visual Studio and Team Foundation Server”. 2012年12月18日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]