ViewMAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ViewMAX は、DR-DOS バージョン5と6に付属していたファイルマネージャGEM GUI の縮小版に基づいている。

バージョン[編集]

ViewMAX/1 は DR-DOS 5 に付属していた。それ以前のGEMデスクトップに酷似した2つの固定サイズウィンドウから成る。それぞれのウィンドウは、ファイルやディレクトリを表すアイコンが並んだり、ディレクトリツリーを表示したりする。

ViewMAX/2 は DR-DOS 6 に付属していた。グラフィカルな改良が多数施されており、各種制御部品の3次元表示ができ、色をユーザー設定可能となっている。DR-DOS のタスクスイッチャー TaskMAX もサポートされ、アプリケーションを独立タスクとして起動し、ViewMAXでタスク間の切り替えが可能となっている。ディレクトリツリーは独立したウィンドウではなく、アイコンの並ぶウィンドウの脇に表示されるようになった。

ViewMAX/3 はNovell DOS 7 のファイルマネージャとして開発が行われたが、完成せず、ベータ版のソースコードのみが存在している。アイコンのカラー化、サイズ変更可能なウィンドウ、プログラムのグループ化などの機能があった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]