VZ-2 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

VZ-2

Vertol VZ-2 (Model 76) NASA GPN-2000-001732.jpg

  • 用途:VTOL機の研究
  • 分類実験機
  • 製造者:バートル社
  • 運用者アメリカ陸軍
  • 初飛行:1957年8月13日
  • 生産数:1機
  • 運用開始1957年
  • 退役:1965年
  • 運用状況:退役

VZ-2アメリカ合衆国で試験された垂直離着陸実験機。アメリカ航空宇宙局アメリカ海軍と協力しつつ、アメリカ陸軍が発注した機体である。製造担当はバートル社。1機が製造された。

概要[編集]

VZ-2は、ティルトウイング方式の実験機である。基礎実験機として、簡易な構造をしており胴体部などは外板がないフレーム構造のままであった。ターボシャフトエンジン1基を胴体中央上部に搭載し、駆動軸を通じて左右主翼各1基ずつの3枚ローターを回転させる。大型ローターが取り付けられた主翼は、水平時の0度から上向き90度まで、迎え角を変えることができる。尾翼はT字尾翼であるが、ダクテッドファンが垂直・水平尾翼の双方に埋め込まれ、低速時ないしホバリング時の機体操作に用いられた。

陸軍は、1956年に4月15日に発注している。初飛行として、垂直離陸に1957年8月13日に成功し、垂直離陸から水平飛行への転換飛行は1958年7月23日に成功した。陸海軍は1960年まで試験を行い、その後はNASAが1965年まで試験した。VZ-2は450回以上の飛行試験を行い、総飛行時間は50時間以上、転換飛行試験は273回を数え、うち43回では完全な転換飛行を行なっている。退役後は、国立航空宇宙博物館に保管されている。

なお、アメリカ空軍はほぼ同時期に同じくティルトウイングのX-18の試験を行っている。

要目[編集]

  • 全長:8.05m
  • 全幅:7.59m
  • 全高:4.57m
  • エンジン:ライカミング YT53-L-1 ターボシャフトエンジン 1基(700hp)
  • ローター直径:2.90m
  • 最大速度:340km/h
  • 乗員:1名

参考文献[編集]