VESA Display Power Management Signaling

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

VESA Display Power Management Signaling (DPMS) は、グラフィックスカードからディスプレイに対して電源管理を行うために VESA が制定した標準である。

DPMSは、コンピュータがしばらく操作されていない場合に、モニタを省電力モードに移行させる規格であり、アメリカ環境庁のエナジースター仕様に基づいて制定されている。

具体的には、垂直同期信号(V-sync)と水平同期信号(H-sync)の有無の組み合わせにより、ディスプレイの省電力モードを規定する。

以下に規定された4つのモードを示す。

Normal Standby Suspended Off
H-sync on off on off
V-sync on on off off
Power use 100% <80% <30W <8W

外部リンク[編集]