Vanishing Vision

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
VANISHING VISIONから転送)
移動: 案内検索
Vanishing Vision
Xスタジオ・アルバム
リリース 1988年4月14日
録音 1987年 - 1988年
Echo House
Magnet Studio
ジャンル スラッシュメタル
グラム・メタル
プログレッシブ・メタル
時間 42分07秒
レーベル エクスタシーレコード
プロデュース X
チャート最高順位
X 年表
Vanishing Vision
(1988年)
BLUE BLOOD
(1989年)
テンプレートを表示

Vanishing Vision』(ヴァニシング・ヴィジョン)は、日本のバンドXの1枚目のアルバム。

解説[編集]

1988年4月エクスタシーレコードより発売。当初はLP(EXL-001)で発売され、後にCD(EXC-001)化と5000枚限定のピクチャーレーベル盤(LP)も発売された。ピクチャーレーベル盤には「Stab Me In The Back」の1988年の京都スポーツバレーでのライブ音源が収録されたソノシートが付属しており、後に『PERFECT BEST』に収録された。

初動1万枚以上と、当時のインディーズとしては記録的なセールスを上げ、インディーズ・レーベルながらメジャー・チャートにランクインを果した日本史上初のアルバムとなった。

タイトルの意味としては、「幻影が消えていく」イメージであり、当時は色物バンドと見られていたXの表面的なイメージが消えて核が見えてくる状況を表現したとYOSHIKIは語っている。

画家の西口司郎によるジャケットは、収録曲「SADISTIC DESIRE」の歌詞をモチーフにしメンバーが原案を出したものである。ボンデージ風の服を着た女性(首から下、顔は見えない)が背後からナイフで胸に「X」の文字の大きな傷を付けられ、両腕を有刺鉄線で縛られるグラフィックが描かれている。

2000年9月13日にワーナーミュージック・ジャパンより復刻盤(XXC-1001)が発売された。現在は廃盤。初回盤CDはアメリカ製で、ミニ写真集が付属していた。歌詞カードはLP盤のものを流用している。リマスタリングはされていない。iTunesをはじめとする音楽配信サイトでは、白地に「X」の文字が黒く書かれているシンプルなものに変更されている。

帯のキャッチコピー[編集]

LP (EXL-001)
五感を切り裂くXの狂気! 待望のファーストアルバム・リリース
CD (EXC-001)
メタルインディーズ最大の売上げを誇った怒涛の名盤 ついにCDでリリース
CD (XXC-1001 及び再発版EXC-001)
五感を切り裂くXの狂気! インディーズ最大の売上げを誇る怒涛の名盤CDで復活

収録曲[編集]

  1. DEAR LOSER (2:27)
    (作曲:TAIJI / 編曲:X)
    1987年から1992年まで演奏(S.E含む)。
    このアルバムのオープニングを飾るインスト曲
    アルバム発売前後のライブでは、オープニングS.Eとして使用されていた(1987~1988年頃は直に演奏していたこともある)。1992年の『破滅に向かって(2日目)』においても、オープニングとして使われた。
  2. VANISHING LOVE (6:01)
    (作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X)
    1987年から1992年まで演奏。
    アルバム発売前後のライブでは、オープニングナンバーとして演奏された。だが、メジャー1stアルバム『BLUE BLOOD』発売以降は演奏機会が減り、1992年『破滅に向かって(2日目)』で演奏されたのが最後である。
    なお、ライブではショートカットバージョンで演奏されることが多かった。
  3. PHANTOM OF GUILT (5:18)
    (作詞:TOSHI / 作曲:TAIJI / 編曲:X)
    1987年から1992年まで演奏。
    ToshI自らのコンプレックスを歌詞にしている。
    「EASY FIGHT RAMBLING」の登場後は演奏機会が減り、「VANISHING LOVE」と共に1992年『破滅に向かって(2日目)』以降は演奏されていない。
  4. SADISTIC DESIRE (6:09)
    (作詞:YOSHIKI / 作曲:HIDE / 編曲:X)
    1988年から1996年まで演奏。
    横須賀サーベルタイガーの楽曲「SADISTIC EMOTION」を、Xの楽曲としてリメイク
    歌詞はYOSHIKIによって作詞され、内容については当時傾倒していたデヴィッド・リンチ監督の映画『ブルーベルベット』に触発され書いたものだとしている。[1]
    前期から後期と長期にかけて、コンサートの主に2番目あるいは3番目に演奏された。
    1991年にリメイクされ、シングル「Silent Jealousy」のカップリングとして収録されている。
    年を重ねていくにつれてこのアルバム収録曲のほとんどが演奏されなくなっていくが、この曲は後期となった1996年頃になっても演奏されていた。
  5. GIVE ME THE PLEASURE (2:57)
    (作詞:YOSHIKI / 作曲:TAIJI & HIDE / 編曲:X)
    1988年のみ演奏。
    歌詞は入っているが、全てYOSHIKIの朗読(全編英語)。
    ライブでは演奏のみ。
  6. I'LL KILL YOU (3:26)
    (作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X)
    1982年(?)から1992年まで演奏。全編英語詞。
    インディーズ時代にリリースされた1stシングル「I'LL KILL YOU」A面の同曲のリメイク。
    メジャーデビュー後は演奏機会が減り、「VANISHING LOVE」と共に1992年『破滅に向かって(2日目)』以降は演奏されていない。 2009年の香港公演でToshlの「I'LL KILL YOU!」の掛け声でイントロ部分が演奏されたが、完奏はされなかった。
    後にフランスシンフォニックブラックメタルバンド、アノレクシア・ネルヴォサカヴァーされる。
  7. ALIVE (8:24)
    (作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X)
    1987年から1988年まで演奏。「I'LL KILL YOU」同様全編英語詞。イントロ部分にはベートーヴェンの「月光」の一部が使われている。1997年12月にリリースされたバラードベストアルバム『BALLAD COLLECTION』にも収録されている。
    なお、サビのキーの高さは後期の曲である「Tears」や「Forever Love」に匹敵する。ライブではキーを下げて歌われることが多かった。
  8. KURENAI (5:49)
    (作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X)
    1987年から1988年まで演奏。
    英語ヴァージョン。ギターソロとイントロのアルペジオの部分の歌詞が多少違う以外はシングルと『BLUE BLOOD』収録のものとほぼ同じ。同時に音楽雑誌「ロッキンf」の付録ソノシートとして、イントロがYOSHIKIのピアノから始まる日本語版と英語版を混合させたヴァージョンも製作された(2011年現在、CD化はされていない)。再結成後のWORLD TOURで演奏されているサビ以外英語のヴァージョンとは歌詞が異なる。
  9. UN-FINISHED... (1:32)
    (作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X)
    1988年にS.Eとしてのみ使用。
    このアルバムのエンディングを飾る。
    突然途切れる演出は、後のアルバム『BLUE BLOOD』へ繋がる。

パーソネル[編集]

  • ミキシング・エンジニア:
鎮西正憲、沢村光
  • レコーディング・エンジニア:
沢村光
  • アシスタント・エンジニア:
吉野彰典
  • デジタル・マスタリング・エンジニア:
田中三一

脚注[編集]

  1. ^ ロッキンf 1988年6月号