V.R.のポルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

V.R.のポルカ仏語Polka de V.R.)はセルゲイ・ラフマニノフピアノ曲クセヴィツキーが経営していた楽譜出版社(仏語:Edition Russe de Musique)の1911年のピアノ曲集“Nouvelle Collection de Musique”において、カトワールゲディケスクリャービンメトネルセルゲイ・タネーエフの作品と一緒に発表された。現在はブージー&ホークス社より刊行されている。初版では Polka de W.R. と題されており、ブージー&ホークス社の現行版もこれを踏襲している。題名にあるV.R.(もしくはW.R.)とは、ラフマニノフの父ワシーリー(・アルカディエヴィチ)・ラフマニノフの名の頭文字にほかならない。「ゴドフスキー氏に(A Monsieur Lopold Godowsky)」献呈されている。

ラフマニノフは、父ワシーリーが素人ながらもピアノ演奏を嗜んだことを憶えており、少年時代の思い出をもとに、父親のよく弾いたポルカパラフレーズして、このポルカを書き上げた。トランスクリプションに着手したのは、1911年3月24日聖金口イオアンの聖體禮儀の初演の翌日)のことである。曲名からも察せられるように、ラフマニノフはこの舞曲を父親の創作ないしは即興演奏だと信じていたようだが、現在では原曲が判明し、ワシーリー・ラフマニノフが真の作者ではなかったことも明らかにされた。

原曲は、19世紀ドイツのサロン音楽(パーラー音楽)の作曲家、フランツ・ベーアFranz Behr, 1837年~1898年)の作曲した、ピアノのための冗談ポルカ《笑う小娘(Scherzpolka: Lachtäubchen)》作品303にほかならない。このため現在では、《V.R.のポルカ》については、「ベーア作曲/ラフマニノフ編曲」という具合に作者名が表記されるようになってきた。

判明する限りで初演は1922年5月6日ロンドンクィーンズホールにおいて作曲者自身の演奏によって行なわれた。ラフマニノフはその後4度この小品を録音している。また、ヴラジーミル・ホロヴィッツシューラ・チェルカスキーらのお気に入りのアンコール・ピースとなった。


変イ長調、4分の2拍子、アレグレット。右手の簡単な序奏のあと、左手の広い音域による合いの手の入ったポルカが始まる。「レッジェーロ」の記号どおり軽やかなダンス。