United Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
United Linux
開発元企業 / 開発者 UnitedLinux, LLC
OSの系統 Linux
開発状況 開発終了
最新安定版リリース 1.0 / 2002年11月19日
カーネル種別 モノリシックカーネル
ライセンス Various

United Linux(ユナイテッド・リナックス)は、かつて存在したLinuxディストリビューションおよびその開発団体である。2004年に事実上終了した。

概要[編集]

United Linuxは2002年5月30日に、CalderaConectivaSUSEターボリナックスの4社により発表された、企業向けの統一Linuxディストリビューション名であり、その開発団体名でもある。

発表時よりインテルAMDIBM富士通ボーランドSAP、後にはオラクルなどもUnited Linuxへの支持を表明した。

背景としてLinuxは各ディストリビューションによる差が多いため、特に企業ユーザーが求める各ベンダーのサポート対象ディストリビューションがレッドハットに集中し、企業向け市場でのレッドハットの独走状態を招き、「第二のマイクロソフト」とも呼ばれ警戒されていた。このためUnited Linuxは「反レッドハット連合」の側面があり、また「弱者連合」と揶揄される事もあった。

United LinuxはSUSE Enterprise Linuxをベースとして、4社がコア部分を共同開発し、各社が付加価値を加え製品化する事で、各ディストリビューションのコア部分の統一化を進めた。

しかし、2002年8月にCalderaはSCOグループと改名し、更に2003年3月にはLinuxをめぐる裁判を開始し、事実上United Linuxの活動を停止した。

また2002年8月にはSRA傘下となったターボリナックスが北米市場から撤退した。更に2003年11月にはSUSEがノベルに買収されたが、このことはSUSEがレッドハットに次ぐ存在になるとも警戒された。

2004年1月22日、ノベルのプレスカンファレンスにて、活動停止状態にあったUnited Linuxの終了が発表された。一定の標準化とISVの支持が得られた事で初期の目的は達成されたとの見方もある。

歴史[編集]

  • 2002年5月 ターボリナックス社、SUSE Linux社 (その後Novellが買収)、Conectiva社 (その後Mandrakesoftに合併しMandrivaに)、The SCO Group (旧名: Caldera System→Caldera International) が共同でUNITEDLINUXを設立
  • 2002年11月19日 United Linux 1.0 リリース
  • 2003年2月 ターボリナックスが Turbolinux Enterprise Server 8 powered by United Linux をリリース
  • 2004年6月1日 NovellがUnited Linuxを基にしたSUSE Linux Enterprise Server 8 をリリース[1]

製品[編集]

  • Turbolinux Enterprise Server 8 powered by United Linux
  • SUSE Linux Enterprise Server 8
  • Conectiva Linux Enterprise Edition
  • SCO Linux Server 4.0

出典[編集]

  1. ^ 様々な環境で単一の統合的なソリューションを実現する"Novell SUSE LINUX"

外部リンク[編集]