USBCマスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

USBCマスターズUSBC Masters)は、アメリカプロボウリング「PBAツアー」の4大メジャートーナメント(公式戦)の1つ。全米ボウリング評議会(The United States Bowling Congress:USBC)が主催する。長い間PBAツアーには含まれていなかったが、1998年からPBAツアーのトーナメントになっている。2004年以前の名称はABCマスターズ。これは、旧全米ボウリング評議会(The American Bowling Congress:ABC)が2005年に他団体と合併し、USBCと改称したため。

特徴[編集]

ダブルイリミネーション形式
予選の上位63人と前年優勝者(ただし予選は免除されない。)がマッチプレーに進出するが、ダブルイリミネーション(Double Elimination)とよばれるUSBCマスターズ特有の形式で対戦する。1回戦につき3ゲーム投球するが、2ゲーム先取ではなく3ゲームの合計スコアで勝敗を決定するため、必ず3ゲーム投球しなければならない。64人のうち勝者32人は勝者枠(Winners Bracket)、敗者32人は敗者枠(Losers Bracket)に振り分けられ、以降勝者枠での敗者は敗者枠へ移動し、敗者枠でさらに敗戦すると敗退になる。つまり、2敗するまで戦い続けることができる。最終的には、勝者枠最後の2人と敗者枠最後の2人が決勝に進出する。敗者枠からの決勝進出者(第3シードと第4シード)が優勝することはこれまでなかったが、2006年にダグ・ケントが史上初めて第3シードから優勝した。なお、イリミネーションは消去・敗退を意味し、電飾のイルミネーション(illumination)ではない。
アマチュアの活躍
アマチュア主体のトーナメントとして開催されてきた歴史もあり、プロのメジャートーナメントとなっている現在でも、アマチュアがしばしば活躍する。近年では2002年にアマチュアが優勝し、2006年も3位に入賞している。全米オープンも同様に多数のアマチュアが出場しているが、大会形式の違いから波乱が起きにくく対照的である。1959年のPBAツアー開始(=プロボウラー誕生)以降、USBCマスターズはアマチュアが6勝、一方の全米オープンはアマチュア未勝利である。

優勝までのゲーム数(2009年大会)[編集]

最高46G=1次予選10G+2次予選5G+マッチプレー9回戦×3G+第3シード決定戦1G+TV決勝(ステップラダー)3G

最低34G=1次予選10G+2次予選5G+マッチプレー5回戦×3G+第1シード決定戦3G+TV決勝1G

歴代優勝者[編集]

PBAは2008年5月12日、PBAツアー50周年を記念して、PBAツアーに含まれていなかった1959年(PBAツアー開始年)から1997年までの間のタイトルを、遡ってPBAツアータイトルとして認めることを発表した。

1951年:Lee Jouglard

1952年:Willard Taylor

1953年:Rudy Habetler

1954年:Red Elkins

1955年:Buzz Fazio

1956年:Dick Hoover(1勝目)

1957年:Dick Hoover(2勝目)

1958年:Tom Hennessey

1959年(以降はPBAツアータイトル):Ray Bluth

1960年:Billy Golembiewski(1勝目)

1961年:Don Carter

1962年:Billy Golembiewski(2勝目)

1963年:Harry Smith

1964年:Billy Welu(1勝目)

1965年:Billy Welu(2勝目)

1966年:Bob Strampe

1967年:Lou Scalia

1968年:Pete Tountas

1969年:Jim Chestney

1970年:Don Glover

1971年:Jim Godman

1972年:Bill Beach

1973年:Dave Soutar

1974年:Paul Colwell

1975年:Eddie Ressler Jr.

1976年:Nelson Burton Jr.

1977年:Earl Anthony(1勝目)

1978年:Frank Ellenburg

1979年:Doug Myers

1980年:Neil Burton

1981年:Randy Lightfoot

1982年:Joe Berardi

1983年:Mike Lastowski

1984年:Earl Anthony(2勝目)

1985年:Steve Wunderlich

1986年:Mark Fahy

1987年:Rick Steelsmith(アマチュア)

1988年:Del Ballard Jr.

1989年:Mike Aulby(1勝目)

1990年:Chris Warren

1991年:Doug Kent(1勝目)

1992年:Ken Johnson(アマチュア)

1993年:Norm Duke

1994年:Steve Fehr(アマチュア)

1995年:Mike Aulby(2勝目)

1996年:Ernie Schlegel

1997年:Jason Queen(アマチュア)

1998年(以降はPBAツアーとして開催):Mike Aulby(3勝目)

1999年:Brian Boghosian(アマチュア)

2000年:Mika Koivuniemi

2001年(PBAツアー01-02シーズン):Parker Bohn III

2002年(PBAツアー01-02シーズン):Brett Wolfe(アマチュア)

2003年(PBAツアー02-03シーズン):Byron Smith

2004年1月(PBAツアー03-04シーズン):Walter Ray Williams Jr.(1勝目)

2004年10月(PBAツアー04-05シーズン):Danny Wiseman

2005年(PBAツアー05-06シーズン):Mike Scroggins

2006年(PBAツアー06-07シーズン):Doug Kent(2勝目)

2007年(PBAツアー07-08シーズン):Sean Rash

2009年(PBAツアー08-09シーズン):John Nolen

2010年(PBAツアー09-10シーズン):Walter Ray Williams Jr.(2勝目)