USA-165

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USA-165 (XSS-11)
XSS-11.jpg
所属 AFRL
主製造業者 ロッキード・マーティン
任務 技術実証
打上げ日時 2005年4月11日
輸送ロケット ミノタウルI
打上げ場所 ヴァンデンバーグ空軍基地
COSPAR ID 2005-011A
質量 100kg
軌道要素
軌道 低軌道
軌道傾斜角 98.8°
遠点高度 875 km
近点高度 839 km
軌道周期 102.1 min

USA-165もしくはXSS-11[1](eXperimental Satellite System-11)はアメリカ合衆国の空軍研究所が開発した小型人工衛星。近接運用に関する技術実証を目的とし、特に宇宙空間における修理、検査、および偵察の実行可能性を試験する。また宇宙機が自動的にマヌーバを行うシステムも試験する。

製造はロッキード・マーティンが行い、重量は125kg。2005年4月11日にMinotaurロケットによって低軌道に投入され、18ヶ月以上に渡って軌道上に存在した。

参考文献[編集]

  1. ^ McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2010年1月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]