US-VISIT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

US-VISITとは、アメリカ合衆国政府2004年1月5日より行っている、新たな出入国管理システムである。正式には「US-VISIT(Visitor and Immigrant Status Indicator Technology)プログラム」と呼ばれる。

同プログラムでは査証(ビザ)を所持して米国に入国する渡航者に対し、指紋のスキャン(機械による自動読み取り)や顔写真の撮影による個人情報を含めた出入国手続を行う。

入国管理システム[編集]

対象者[編集]

現在、アメリカに入国する外国人を対象として実施している。

同プログラムにおける審査免除者は:

  1. A-1, A-2, C-3, G-1, G-2, G-3, G-4, NATO-1, NATO-2, NATO-3, NATO-4, NATO-5, or NATO-6 の各ビザ保持者。
  2. 14歳未満の子供と79歳以上の人々
  3. アメリカ合衆国国務長官又は国土安全保障省により免除された者
  4. 中華民国台湾)の政府関係者におけるE-1ビザ保持者(中華人民共和国を配慮して、外交ビザ=Aビザを発給できないため)
  5. カナダメキシコ国民の一部

となっている。

対象となる空港・海港[編集]

現在US-VISITプログラムによる入国管理は115の空港、15の海港、及び50の国境管理ポイント(陸路)で実施されている。2006年からは全ての陸路における入国ポイントで実施されている。

入国管理システムの流れ[編集]

各空港、海港、国境における入国審査場において、従来通りのパスポートの検査及び質問の際、審査官の指示に従い左手全ての指、右手全ての指の順番で指紋スキャナーによって指紋のスキャンをする。その後、デジタルカメラによって顔写真(眼鏡等を外した状態)が撮影されて、終了である。

出国管理システム[編集]

現在[編集]

(2009年現在) 2007年5月6日付けで、当面出国の際の手続きは不要となった。これは旧システムの不履行率の高さが問題であったためである。そのため米政府当局は、出国管理を旅客搭乗手続きと一体化させる方向で検討しており、新しいシステムを今後発表する予定である[1]

旧システム(2005-2007)[編集]

試験運用の時期・対象となる空港・海港[編集]

US-VISITプログラム下における出国管理(指紋スキャン・顔写真撮影)は、9月1日より空港は既に運用されているボルチモア国際空港、シカゴ・オヘア国際空港に加え、アトランタ、ダラス、デンバー、デトロイト、ニューアーク、フィラデルフィア、フェニックス、サンフランシスコ、サンフアン、シアトルの10カ所、海港はロサンゼルスのロングビーチとサンペドロ、及びマイアミの3カ所であった。

同試験運用の対象者[編集]

2005年9月1日より、これら15の空港・海港を利用して出国する米国ビザ所持者が対象となり、9月30日からは短期旅行者など、査証免除プログラムにて入国した人が出国する際も対象となった。

出国管理システムの流れ[編集]

これら15カ所での運用はあくまで試験的であり、8月3日から90日間の試験期間後、米政府が本格運用の決定を行うこととなっていて、以下の3つの内いずれかの方法で出国管理の試験運用がなされていた。

  1. 自動端末機のみ
    航空会社のチェックインカウンター又は端末機によりチェックイン後、空港・海港において金属探知器(TSA Screener)を越えたところに設置してある自動端末機にパスポートを入れる。入国時と同じく左・右の順で両手の人差し指の指紋採取後、顔写真の撮影を行う。データが採取された証拠となるレシートを受け取り、ゲートに向かい搭乗する。
  2. 端末機+モバイル端末機(US-VISIT係員)
    上記の手続きの後、搭乗ゲートの前でUS-VISIT係員にレシートを渡し、係員がモバイル機によって両手の人差し指の指紋採取(左・右の順)、本人確認を行う。その後搭乗する。
  3. モバイル端末機(US-VISIT係員)のみ
    チェックイン後そのまま搭乗ゲートに向かい、ゲートの前でUS-VISIT係員にパスポートを渡し、両手の人差し指の指紋採取(左・右の順)、顔写真撮影を行う。係員からレシートを受け取って搭乗する。

関連事項[編集]