UNIX戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UNIX戦争(ゆにっくすせんそう)とは、UNIX コンピュータ オペレーティングシステムのベンダー間で1980年代後半から1990年代前半にかけて発生した将来のUNIX標準規格を巡る争いである。この争いによってUNIX市場はダメージを受け、Microsoft Windows NTの台頭を許す原因ともなった。

Unix history.en.svg

概要[編集]

1980年代中盤、一般的なUNIXのバージョンとしてカリフォルニア大学バークレー校BSDと、AT&TSystem Vがある。どちらもVersion 7 Unixから派生したものであるが、大きくかけ離れてしまった(このふたつの衝突もUNIX戦争と言われることがある)。そこからさらに各社のUNIXが派生していき、多かれ少なかれ違いを生じていった。

1984年X/Openという標準化グループがあるベンダーグループによって結成される。これは互換性のあるオペレーティングシステムを作ることが目的であり、そのベースとしてUNIXが選択された。

AT&T は X/Openに注意をひかれた。UNIXの均一性を高めるため、AT&T と BSD系UNIXベンダーのトップであったサン・マイクロシステムズ1987年から共通のシステムを作るための共同開発を開始した。これが後に System V Release 4(SVR4)としてリリースされる。

顧客や業界紙からは喝采をもって迎えられたこの決断だが、他のUNIXベンダーはサンが不当に有利になるのではないかと恐れた。彼らはOpen Software FoundationOSF)を結成し、OSF/1をリリースした。これは、もっとBSDに近い実装である。AT&Tは他のベンダーを結集してUNIX InternationalUI)を結成する。

技術的な議論は脇に押しやられ、ふたつの「オープン」なUNIXが対決する構図となった。このとき、X/Openは中立的立場を保った。

OSF は、ウィジェット・ツールキットとしてMotifを開発し、対抗して UI は、OpenLookを開発した。これは結果的に Motifの勝利となった。商用UNIXのデスクトップ環境として業界標準となったCDEは Motif を使用しており、これは SVR4 にも後に導入され、Solarisでも採用されていた。

1993年、AT&Tは UNIX をノベル社に売却し、商標権を X/Open に譲渡した。1996年、X/Open は OSF と合併し、The Open Groupを結成した。現在、そのSingle UNIX SpecificationプロプライエタリなUNIXの唯一の標準規格となっている。しかし、既にUNIX市場に与えられたダメージは大きかった。

短期的な勝者はサン・マイクロシステムズであろう。System V の技術を取り込むことができ、SVR4 を採用した他社のシステムを採用した顧客には、互換性を技術的根拠としてリプレースを持ちかける事が容易になった。しかし、それもオープンソースの大波の前には一時的な勝利でしかなかったと言わざるをえない。

比較表[編集]

2陣営の標準化競争となった主な技術と参加企業は以下である。

OSF陣営 UI陣営 備考
標準化団体 OSF UI X/Openは中立。合併後の存続団体はOSF。
OS OSF/1 SVR4 OSF/1の本格採用はDEC日立製作所のみ
GUI Motif OpenLook 後のCOSEではMotifベースのCDEを採用
分散処理(RPC) DCE ONC+
参加企業 アポロコンピュータBullDECHPIBMニクスドルフシーメンスフィリップス日立製作所など AT&TSun富士通日本電気東芝など ソニーは中立

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

以下はすべて英文。