UDP-グルコース-ヘキソース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UDP-グルコース-ヘキソース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ
識別子
EC番号 2.7.7.12
CAS登録番号 9026-21-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

UDP-グルコース-ヘキソース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ(UDP-glucose—hexose-1-phosphate uridylyltransferase)は、摂取したガラクトースグルコースへ転換する酵素である。ガラクトース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ(galactose—1-phosphate uridylyltransferase, GALT)とも呼ばれる。

これは、ルロワール経路において重要な酵素で、UDP-グルコースガラクトース-1-リン酸からUDP-ガラクトースグルコース-1-リン酸を作り出す。また、この酵素の変異によってガラクトース血症が引き起こされる。

外部リンク[編集]