UATP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UATP (Universal Air Travel Plan) は、13の主要な航空会社が出資する法人向け旅行代金決済ネットワークで、世界中の240以上の航空・鉄道・船舶旅行会社が加盟している[1][2]。UATPは 1936年に創設され、世界初のチャージカード(一括払い専用のクレジットカード)を発行した[3]

UATPは、PayPalMonetaなどの決済サービスと提携しており[2]、航空会社の旅行代金決済を代行している。

UATPは、ホテルレンタカー業者についても加盟させて、ネットワークを拡大している。

UATPカード[編集]

UATPカードを発行することができるのは UATPの株主である以下の13の航空会社のみで、各航空会社や旅行代理店が加盟している[1]

[4]

UATPカードの番号体系は、ISO/IEC 7812に準拠しているため1から始まる[3][5]15桁である。

UATPカードを使用した際の精算の流れ[編集]

法人がUATPカードを使用して航空券を購入する流れの例を以下に示す[6]

  1. UATPカードを持つ法人が、旅行代理店に対して航空券を発注する。
  2. 旅行会社はUATPに対してカードの信用照会を行い、法人へ航空券を納品すると同時に、売上伝票をUATPへ渡す。
  3. UATPは、売上伝票をUATPカードを発行した航空会社と、発券航空会社へ渡す。
  4. UATPカードを発行した航空会社は、発券航空会社に代金を立替払いした後、対象の法人に対して請求する。
  5. 法人は、UATPカード発行航空会社に対して代金を支払う。

所在地[編集]

本部
ワシントンD.C.[7]
支部
ロサンゼルスマイアミサンパウロジュネーヴ北京シンガポール東京[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b UATP (2005年). “Issuers”. 2011年3月4日閲覧。
  2. ^ a b UATP (2010年). “UATPについて”. 2011年3月4日閲覧。
  3. ^ a b UATP (2005年). “UATP History”. 2011年3月4日閲覧。
  4. ^ UATP (2005年). “Card Issuing Airlines”. 2011年3月4日閲覧。
  5. ^ ISO/IEC 7812は、IDカードの番号体系を制定している規格で、番号の1桁目は産業を識別するものを意味し、1の値には航空産業に割り当てられている。
  6. ^ 日本旅行 (2000年). “PASSAGE(JALカード)のご案内”. 2011年3月4日閲覧。
    なお、PASSAGEとは、日本航空が発行しているUATPカード。
  7. ^ UATP (2009年). “Contact Us”. 2011年3月4日閲覧。
  8. ^ UATP (2010年). “Global Offices”. 2011年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]