U32 (212A型潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
U32
U-Boot U32.jpg
艦歴
建造者 ノルトゼーヴェルケ
エムデン
運用者  ドイツ海軍
起工 1998年
進水 2003年12月4日
就役 2005年10月19日
主要諸元
艦種 AIP通常動力型潜水艦
艦級 212A型潜水艦
排水量 水上 1,450トン
水中 1,830トン
全長 56.0m
全幅 7.0m
高さ 11,5m
吃水 6.0m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式および
非大気依存推進方式、1軸推進
MTU16V 395 ディーゼルエンジン × 1基(3.12MW
HDW=シーメンス PEM A.I.P燃料蓄電池 × 8基+1基(306kW
シーメンス 永久磁石電動機 × 1基(1.700kW
速力 水上 12ノット
水中 20ノット
潜航限界深度 400m程度
乗員 26名
兵装 533mm魚雷発射管 × 6門
DM2A4魚雷を発射可能、12発搭載。もしくは機雷 × 24基)
テンプレートを表示

U 32NATO識別符号S 182)は、ドイツ連邦海軍潜水艦212A型潜水艦の2番艦。

艦歴[編集]

「U 32」は、ノルトゼーヴェルケエムデンで建造され1998年に起工、2003年12月4日に進水し、2005年10月19日に就役する。

U 31ペーター・シュトルック連邦国防大臣が出席の下で、艦隊司令官ヴォルフガンク・ノルティンク海軍中将に引き渡されエッカーンフェルデ海軍基地に入港し正式に就役する。

「U 32」は、艦長ミヒャエル・ボンホルト(Michael Bornholt)海軍少佐指揮の下で2006年4月上旬にエッカーンフェルデ海軍基地を出航し、シュノーケル未使用による連続二週間におよぶ潜水航海を実施し、2006年4月25日にスペインロタ海軍基地に到着した。これにより通常動力型潜水艦として最長の潜行時間を記録した[1]

後援都市はテューリンゲン州エーデンコーベンが引き継ぐ。

第1機動隊群第1潜水戦隊に所属し、エッカーンフェルデを母港としている。

脚注[編集]

  1. ^ U 32 demonstriert seine Einsatzfähigkeit2006年4月25日

外部リンク[編集]

関連項目[編集]