U125 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横須賀での仮称○1(旧U125)

U125ドイツ海軍UE型潜水艦Uボート)の一隻。大型の機雷敷設潜水艦。

第一次世界大戦中にブローム&フォス社で建造が行われたが、進水は1918年5月26日で竣工が同年9月4日と戦争末期であり、ほどなく終戦を迎えたため、戦歴はない。本艦は日本軍に戦利獲得され、同年12月19日受領。日本海軍・第二特務艦隊によって日本へ回航された。日本海軍籍には編入されず、○一潜水艦(仮称)と名付けられて研究され、日本の潜水艦の発達に寄与した。特に伊一二一型潜水艦の直接の手本となっている。

第二次世界大戦IX型潜水艦U-125についてはU-125を参照のこと。

諸元[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8

関連項目[編集]