TrES-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TrES-2b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Exoplanet Comparison TrES-2 b.png
木星との比較図
主星
恒星 GSC 03549-02811 A[1]
星座 りゅう座
赤経 (α) 19h 07m 14.035s
赤緯 (δ) +49° 18′ 59.07″
距離 750 ± 30 ly
(230 ± 10 pc)
スペクトル分類 G0V
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.03556 ± 0.00075[1] AU
離心率 (e) 0
周期 (P) 2.47063 ± 1e-05 d
軌道傾斜角 (i) 83.62 ± 0.14[1]°
物理的性質
質量 (m) 1.199 ± 0.052[1] MJ
半径 (r) 1.272 ± 0.041[1] RJ
表面重力 (g) 3.284 ± 0.016[1] g
発見
発見日 2006年8月21日
2006年9月8日確認
発見者 O'Donovanら (TrES)
発見方法 食検出法
観測場所 カリフォルニア州
アリゾナ州
現況 公表
他の名称
TrES-2b
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data
ケプラーのファーストライト画像におけるTrES-2系の位置(左の印)。

TrES-2 とは、太陽系から750光年離れた位置にある太陽系外惑星で、GSC 03549-02811 と呼ばれる恒星の周りを公転している。質量半径から木星と似た組成を持つ巨大ガス惑星だと考えられているが、木星とは異なって恒星の至近距離の軌道を運動しており、ホット・ジュピターに分類される。系外惑星探査機ケプラー観測視野に含まれていることで知られる[2]

性質[編集]

TrES-2は、惑星が恒星の手前を横切る際の減光を捉える方法(食検出法)を用いて2006年8月21日に発見された。観測に用いられたのはアメリカカリフォルニア州パロマー天文台のSleuthとアリゾナ州ローウェル天文台のPSSTで、いずれも大西洋両岸系外惑星サーベイ (TrES) の観測網を構成する口径10mの望遠鏡だった。同年9月8にはケック天文台による追認観測が行われ、惑星の存在が確実になった[2]

TrES-2の研究は継続的に行われている。2007年の論文では、恒星・惑星のパラメータがより正確なものに改められた[3]。2008年8月には、惑星が順行軌道を公転しており、惑星の軌道平面と恒星の赤道面との成す角は-9±12°であるという研究成果が発表された[4]。同年9月にはTrES-2の主星が連星であることが発見され、各種パラメータの見直しが行われた[5]

2011年にはTrES-2が恒星の光を1%未満しか反射しない非常に黒い天体だという観測結果が発表された。これは、惑星の大気が高温に達しているため反射率の高い雲が存在できない一方で、大気に含まれるガス状のナトリウムカリウム酸化チタンなどが光を吸収するためだと考えられている。ただしこれらの要因だけでは低い反射率を完全に説明するのは難しい[6]

ケプラー計画[編集]

2009年3月、NASAは太陽系外惑星探査機ケプラーを太陽周回軌道に打ち上げた。これは食検出法を用いて太陽系外惑星を発見することを目的とした宇宙望遠鏡である。2009年4月にはファーストライトの画像が公表され、TrES-2の主星はその中で印がつけられた2つの天体の1つだった(もう片方は散開星団NGC 6791)。ケプラーの観測視野に含まれる既知の系外惑星はTrES-2以外にも存在するが、それらのうちファーストライト時に識別されたのはTrES-2のみだった。TrES-2は探査機の較正と機能のチェックに重要な役割を果たすことが期待されている[7]

参考文献[編集]

関連項目[編集]