Timex Sinclair 1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Timex Sinclair 1000
Zx81-timex-manipulated.jpg
種別 ホームコンピュータ
発売日 1982年7月
販売終了日 1983年
OS Sinclair BASIC
CPU Zilog Z80A @ 3.25 MHz
メモリ 2 KB

Timex Sinclair 1000 (TS1000) は、タイメックスシンクレア・リサーチの合弁企業タイメックス・シンクレア英語版が製造販売した最初のコンピュータ。1982年7月に発売された。

概要[編集]

TS1000は、Sinclair ZX81PALRFモジュレータNTSC版に差し替えたバージョンであり(ポルトガル版はPALのまま)、主基板上のRAM容量を2倍の2kBにしている。ケースはシールディングがZX81から若干改善されているが、キーボードはメンブレンキーボードのままである。表示はモノクロで、サウンド機能はない。その後、改良版の Timex Sinclair 1500 がリリースされている。

Sinclair ZX81 と同様、BASICを主インタフェース兼プログラミング言語としている。メンブレンキーボードでのプログラミングを多少容易にするため、BASICのコマンドを1文字の「キーワード」で入力できるショートカットシステムを採用している(例えば、キーワードモードで "P" を押下すると "PRINT" が入力される)。一部のキーワードは1文字では入力できず、複数文字によるショートカットになっている(例えば、SHIFT-ENTER S は "LPRINT" になる)。カーソルの形状を変化させることで、入力モードがわかるようになっていた。

アメリカでの発売当初99.95ドルで販売され、当時最も安価なホームコンピュータだった(広告でも "the first computer under $100" と謳っていた)。それがきっかけとなって低価格競争が始まり、コモドールVIC-20の価格を対抗できるレベルに下げ、さらにコモドール64購入時に他のコンピュータを一律100ドルで下取りするキャンペーンを行った。そのころTS1000は49ドルで売られていたため、多くの顧客がTS1000を買ってコモドール64購入時の下取りに出し、差額を儲けていた。

モノクロで32文字×24行の文字表示が可能である(24行のうち、1行はデータ入力専用、1行はエラーメッセージ表示用となっていた)。非ASCIIの文字セットに様々な図形文字があり、それらを組み合わせて擬似的なグラフィックス表示も可能である。永続的記憶装置としては、家庭用カセットテープレコーダーを接続して使用する。16kBのメモリ拡張モジュールが49.95ドルで売られていた。標準の2kBではほとんどソフトウェアが動作できず、メモリ拡張モジュールも品薄だったため、TS1000はプログラミングの入門用以外にはほとんど使えなかった。当時のパソコン雑誌 Compute! などでは、TS1000に様々な装置を接続する企画が掲載され、TI音声合成玩具 Speak & Spell英語版 を接続したり、メモリポート経由でロボットを制御したり、店頭広告用にディスプレイの表示をスクロールさせるといったことが行われていた。

TS1000の周辺にはその制約を打ち破るための様々な改造を施すサードパーティ業者が生まれた。フルサイズのキーボードを接続したり、音声合成機能を追加したり、サウンド機能を追加したり、ディスク装置を接続したり、メモリを64kBまで拡張したりといった改造が行われた。ForthPascalBASICコンパイラアセンブラなどの言語処理系も開発されている。Microcomputing誌の1983年4月号の記事では、TS1000のメンブレンキーボードを非難し、フルキーボードを外付けする方法を紹介している。

Timex Sinclair 1500[編集]

Timex Sinclair 1500

TS1500 はTS1000の後継機である。TS1000はキーボードとメモリ拡張モジュール関連で大きな問題を発生させていたため、タイメックス・シンクレアがそれらの問題に対処すべく設計した。ケースには TS2068 の発売決定で発売が見送られたTS2000の ZX Spectrum によく似た銀色のケースを流用した。キーボードは ZX Spectrum と同じゴム製のチクレットキーボードで、(フェランティ製ではない)カスタムULAを搭載し、主基板上に16kBのRAMを搭載している。

RFモジュレータを内蔵し、ディスプレイには普通のテレビを使用する。チャンネルは2または3で、デフォルトは2だが、電源投入時にキーボードの "3" を押下すると3チャンネルに変更される。

TS1500は16kBのRAMを内蔵しているが、16kBのメモリ拡張モジュールも接続可能で、合わせて32kBの容量が可能である。RAMパックを追加した場合、キーボードコマンド (POKE) をいくつか実行しないとそれを認識できない。

様々な改良を施したが、ZX81 の仕様は既に時代遅れであり、商業的には失敗に終わった。アメリカ以外にポルトガルでも販売されていた。

バグ[編集]

TS1000とTS1500にはソフトウェアに2つの若干の差異があった。

TS1000とZX81では、

LPRINT 0.00001

というコマンドを打ち込むとプリンターに 0.0XYZ1 と印字される。このよく知られたバグはTS1500では修正されている。

TS1000では、次のようなループを正しく実行できるが、TS1500ではうまくいかず、ループ回数が1回少なくなる。

10 FOR I = 0 TO 1 STEP .25
20 PRINT I
30 NEXT I

周辺機器[編集]

タイメックスはTS1000向けにROMカートリッジ・インタフェース Timex Sinclair 1510 Command Cartridge Player を製造販売した。TS1510 向けのROMカートリッジは4種類しか発売されていない。

  • 07-9001 Supermath
  • 07-9002 States and Capitals
  • 07-9003 Chess
  • 07-9004 Flight Simulator

なお、TS1000でTS1510を使う場合、16K RAMパックを必要とする。

外部リンク[編集]