The Ultimate Fighter 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Ultimate Fighter 2
ジャンル リアリティ番組
放送時間 (60分)
放送期間 2005年8月22日 - 2005年11月5日
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 Spike TV
出演者 ダナ・ホワイト
マット・ヒューズ
リッチ・フランクリン

特記事項:
前シーズン:The Ultimate Fighter 1
次シーズン:The Ultimate Fighter 3
テンプレートを表示

The Ultimate Fighter 2(ジ・アルティメット・ファイター・ツー)は、アメリカ合衆国リアリティ番組「The Ultimate Fighter」の第2シーズンとして放送されたテレビ番組である。

本シーズンではヘビー級(約93kg - 120kg)・ウェルター級(約77kg)各8名、計16名の総合格闘家が全米から集められ、総合格闘技イベント「UFC」との契約を賭けたサバイバルを行った。

2005年8月22日に放送が開始され、2005年11月5日、番組のフィナーレとして、ネバダ州ラスベガスハードロック・ホテル&カジノでUFCの大会である「The Ultimate Fighter 2 Finale」が開催された。

概要[編集]

番組では最初に両階級9人ずつが集まり、体力テストで各階級1人を脱落させた後でコーチによるドラフトでチーム分けが行われた。毎週両階級が交代で1試合が行われ、敗者を脱落させることで人数を絞っていく。その週の試合はチームチャレンジ(後述)の勝利チームに決定権がある。各階級4人まで絞り込んだあとはトーナメントで優勝者を決定した。

チーム・ヒューズ[編集]

コーチ
マット・ヒューズ
ヘビー級選手
マイク・ホワイトヘッドダン・クリスティソンロブ・マクドナルドトム・マーフィー
ウェルター級選手
ジョー・スティーブンソンジョシュ・バークマンサム・モーガンルーク・クモジェイソン・フォン・フルー(補欠から参加、途中でチーム・フランクリンに移動)

チーム・フランクリン[編集]

コーチ
リッチ・フランクリン
ヘビー級
キース・ジャーディンセス・ペトルゼリラシャド・エヴァンスブラッド・アイムス(途中チーム・ヒューズへ移動)
ウェルター級選手
ジョルジ・グージェウマーカス・デイヴィスメルヴィン・ギラードアンソニー・トーレス
  • チーム選抜時(エピソード2)の指名順に記載している。

その他の選手[編集]

ヘビー級
ケリー・ショールイライ・ジョリスン
ウェルター級
ケニー・スティーブンス

エピソード[1][編集]

エピソード1[編集]

  • 集まったメンバー18名に体力テストを兼ねた練習が課され、ショールが怪我で早くも脱落した。またジョリスンはカメラに囲まれた生活に耐えられず帰宅を決意する。ヘビー級はテストを待たずして8人が出揃う。
  • ウェルター級でテストの結果が最低だったスティーブンスは試合の対戦相手としてモーガンを指名。しかし翌日の試合までに20ポンドの減量が間に合わず、脱落した。

エピソード2[編集]

  • ヘビー級にクリスティソンが追加される。チーム分けのドラフトが行われ、ヘビー級1位はジャーディン、ウェルター級1位はスティーブンソンとなった。最下位指名はクモだった。
  • チームチャレンジ(対戦相手の指名権を得るためにチーム同士でトレーニング形式のゲームをする)ではクモが活躍し、チーム・ヒューズが勝利した。
  • ジョシュ・バークマン(5分判定3-0)×メルヴィン・ギラード 【ウェルター級】

エピソード3[編集]

エピソード4[編集]

  • チームチャレンジはチーム・フランクリンが勝利する。デイヴィスがスティーブンソンを対戦相手に指名したことにヒューズは「愚かだ」と挑発する。
  • ジョー・スティーブンソン(1R4:10 TKO(グラウンドでの肘))×マーカス・デイヴィス 【ウェルター級】

エピソード5[編集]

エピソード6[編集]

  • 前回の試合中にダンスをする余裕を見せたエヴァンスにヒューズが不快感を示す。また敵チームだが友人のホワイトヘッドも不満を述べ、2人は絶交状態になる。
  • チームチャレンジはフランクリンが体調を憂慮して棄権する。フルーの相手としてヒューズはかねてより挑発していたグージェウを選択する。
  • ジェイソン・フォン・フルー(5分判定3-0)×ジョルジ・グージェウ 【ウェルター級】

エピソード7[編集]

  • チームチャレンジはチーム・フランクリンが勝利する。またウェルター級の人数調整のためチーム・ヒューズの選手がチーム・フランクリンに移籍することに。ヒューズは前回の試合で額に40針縫う怪我をしたフルーを手放した。
  • セス・ペトルゼリ(5分判定3-0)×ダン・クリスティソン 【ヘビー級】

エピソード8[編集]

  • チームチャレンジはチーム・ヒューズが勝利する。また人数調整のためアイムスがチーム・ヒューズに移動する。
  • モーガンがチームメイトのクモの情報をトーレスに流す。一方クモは奇妙な自然食を食べ続け、チームメイトをあきれさせる。
  • ルーク・クモ(5分判定3-0)×アンソニー・トーレス 【ウェルター級】

エピソード9[編集]

  • ドラフト最下位のクモが勝利したことで口の悪いヒューズも満足する。試合後クモは一転してジャンクフードばかり食べ続けている。
  • チームチャレンジはチーム・ヒューズが勝利する。
  • ラシャド・エヴァンス(5分判定3-0)×マイク・ホワイトヘッド 【ヘビー級】

エピソード10[編集]

  • 両階級ベスト4が出揃い、対戦相手の希望を聞くためダナ・ホワイトが個人面談。フルーが練習中に前回の試合で縫合した傷を再びカットしてしまい、病院へ。試合までに回復しない場合はリザーバーとしてデイヴィスが復活することに決まる。
  • 対戦相手が同じチームのため、エヴァンスの次のジャーディン戦でヒューズがセコンドにつくことに。エヴァンスはエピソード6でヒューズに罵倒されたことをまだ気にかけていた。
  • モーガンも同チームのクモ戦のためセコンドがフランクリンに替わる。
  • ルーク・クモ(2R2:05 TKO(首相撲からの右膝蹴り))×サム・モーガン 【ウェルター級】

エピソード11[編集]

エピソード12[編集]

The Ultimate Fighter 2 Finale[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エピソード1-8は「TUFパーフェクトガイド〜博士への道編〜」 『ゴング格闘技』No.164、2005年12月号を参照。エピソード9-12は「TUF2完全ガイド」 『ゴング格闘技』No.165、2006年1月号を参照。