フットボール・ファクトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Football Factoryから転送)
移動: 案内検索
フットボール・ファクトリー
The Football Factory
監督 ニック・ラヴ
脚本 ニック・ラヴ
原作 ジョン・キング英語版
製作 ジェームズ・リチャードソン
アラン・ニブロ英語版
製作総指揮 ルバート・プレストン
出演者 ダニー・ダイア
フランク・ハーバー英語版
テイマー・ハッサン
ローランド・マヌーキアン英語版
ニール・マスケル英語版
ダッドレー・スットン英語版
ジェイミー・フォアマン英語版
音楽 アイヴァー・ゲスト英語版
撮影 ダミアン・ブロムレイ
編集 スチュアート・ガザード
製作会社 Vertigo Films
Rockstar Films
配給 イギリスの旗 Momentum Pictures
公開 イギリスの旗 2004年5月14日
上映時間 87分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

フットボール・ファクトリー』(The Football Factory)は2004年イギリス犯罪映画プレミア・リーグチェルシーFCサポーターフーリガン)の姿を描いている。タイトルにフットボールと付くがサッカーシーンは皆無である。

日本では劇場未公開だが、2006年5月10日にDVDが発売されている[1]

ストーリー[編集]

イギリスの暴力地帯に住む30歳目前の男トミーの週末の愉しみはドラッグと酒、SEXそして仲間と一緒に応援しているフットボール・クラブの“チェルシー”と暴力だけだった。日々意味のない喧嘩に明け暮れていたトミーは、いつものように酒場で仲間たちと飲んでいるときに最大のグッドニュースを聞く。ライバルチームでトミーたちと同じく乱暴な集団が応援している“ミルウォール”とFAカップでの対戦が決まったのだ。狂乱するトミーたちはやつらを完膚なきまでにぶちのめす、今度の土曜日を待ち望むのだったが、敵もただやられるつもりは毛頭なかった。しかし、個人的に宿敵のサポーターチームに追われる身になってしまったトミー。それがきっかけで、自分の人生、これでいいのか?意味はあるのか?と自問する。戦いが無意味に思えてくるのだが、それでも仲間は棄てられない。トミーは予知夢に観る自分の悲惨な末路に悩まされながら、ある結論を見出す。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ フットボールファクトリー”. Amazon.co.jp. 2015年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]