Template:Sidebar

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

縦に表示するナビゲーションテンプレートを作成するためのメタテンプレートです。

基本的な使用法[編集]

あまり使われないパラメーターは除外

{{Sidebar
| name = {{subst:PAGENAME}}
| outertitle = 
| topimage = 
| pretitle = 
| title = 
| image = 

| headingstyle = 
| contentstyle = 

| heading1 = 
| content1 = 

| heading2 = 
| content2 = 

| heading3 = 
| content3 = 

<!--...up to 35th:-->

| heading35 = 
| content35 = 

}}

パラメーター[編集]

{{navbar}}リンク(表・話・編)がサイドバー基底部に現れなければ、パラメーターは必要とされませんが、現れる場合、|name = パラメーターが必要です (すぐに以下のテーブルでエントリーを見てください)。

主要なもの[編集]

パラメーター 説明
|name =  サイドバー名、すなわちページ名においてTemplate:に続く名前。サイドバーの基底部に正確に機能する{{navbar}}のリンクのために必要。このフィールドには{{subst:PAGENAME}}を使用することがおすすめされます。
|outertitle =  サイドバーのすぐ上にサイドバーのタイトルを置くために使用。
|topimage =  サイドバーの上部に画像を置くために使用。すなわち含まれるどんな|title = よりも上部。

完全なウィキ構文が予期されます(すなわち、[[File:...]])。
画像下部に表題を追加するには、|topcaption = を使用。

|pretitle =  タイトルの前に「Xシリーズの一部」などの行を置くのに使用。
|title =  サイドバー上部にサイドバーのタイトルを置くのに使用(使われる場合、|topimage = のすぐ下)。
|image =  (使われる場合)|title = と第一節の間に画像を置くのに使用。

|topimage = と同じく、完全なwiki構文が予期される (すなわち、[[File:...]])。
画像下部に表題を追加するには、|caption = を使用。

|headingstyle =  節の見出しにセットされるデフォルトのCSSスタイルを修正するのに使用。

特定の節の見出しのCSSスタイルの修正には、|headingnstyle = を使用。nは節の番号です。

|contentstyle =  節の内容にセットされるデフォルトのCSSスタイルを修正するのに使用。

特定の節の内容のCSSスタイルの修正には, |contentnstyle = を使用。nは節の番号です。

|heading1 =  最初の節の見出し (必要であれば)。
|content1 =  最初の節の内容 (必須)。
|heading2 =  第二節の見出し (必要であれば)。
|content2 =  第二節の内容 (必要であれば)。
|heading3 =  第三節の見出し (必要であれば)。
|content3 =  第三節の内容 (必要であれば)。
...... 略 ......
|heading35 =  現在、最後の可能な節の見出しと内容 (必要であれば)。
|content35 = 

諸パラメーター[編集]

パラメーター 説明
|above =  {{navbox}}が提供する|above = に対応する。
  • |bodyclass =  (または|class = )
  • |outertitleclass = 
  • |topimageclass = 
  • |pretitleclass = 
  • |titleclass = 
  • |imageclass = 
  • |aboveclass = 
  • |headingclass = 
  • |contentclass = 
  • |belowclass = 

一致するパラメーターへのマイクロフォーマットのクラス
(|bodyclass =  (または|class = )は全体としてサイドバーに適用される。)

|below =  例えば、テンプレートの基底部に1つ以上のポータルリンクを追加するのに使用 (既定では太文字)。
  • |bodystyle =  (または|style = )
  • |outertitlestyle = 
  • |topimagestyle = 
  • |topcaptionstyle = 
  • |pretitlestyle = 
  • |titlestyle = 
  • |imagestyle = 
  • |captionstyle = 
  • |abovestyle = 
  • |headingstyle = 
  • |headingnstyle = 
  • |contentstyle = 
  • |contentnstyle = 
  • |belowstyle = 
  • |navbarstyle =  (または|tnavbarstyle = )

一致するパラメーターのデフォルトのCSSスタイルを修正するのに使用。
(|bodystyle =  (または|style = )は全体としてサイドバーに適用されます。)

|cellspacing =  サイドバーにビルドされたinfoboxクラスのテーブルにセットされたデフォルトのセルスペーシングを修正するのに使用。
|cellpadding =  Ditto the default cellpadding.
|navbar =  (or |tnavbar = ) (カギカッコ抜きで)「none」に設定すると、サイドバー基底部にあるナビゲーションバーのリンクを削除します。
|navbarfontstyle =  (または |tnavbarfontstyle = ) サイドバー基底部のnavbar が使用するフォントスタイルを明示するのに使用 (使用できるオプションは{{navbar}}を参照)。

長いリンクの制御[編集]

{{Normalwraplink}}はサイドバー内でラップするべき、さもなければサイドバーが幅広になりすぎないようにラップするようにする必要があるリンクを制御するために、使用できます。{{normalwraplink|longlinkname}}を使用します。|longlinknameは角括弧なしの長いリンクです。

|wraplinks = trueパラメーターを使用すると、テンプレート全体のためにリンクのラッピングをオフにします。

完全な構文[編集]

{{Sidebar
|name  = 
|class =        <!--or bodyclass-->
|style =        <!--or bodystyle-->
|cellspacing = 
|cellpadding = 
|sectdivider = 

|outertitle = 
|outertitleclass = 
|outertitlestyle = 

|topimage = 
|topimageclass = 
|topimagestyle = 
|topcaption = 
|topcaptionstyle = 

|pretitle =
|pretitlestyle = 

|title = 
|titleclass = 
|titlestyle = 

|image = 
|imageclass = 
|imagestyle = 
|caption = 
|captionstyle = 

|abovestyle = 
|above = 

|headingstyle = 
|contentstyle = 

|heading1style = 
|heading1 = 
|content1style = 
|content1 = 

|heading2style = 
|heading2 = 
|content2style = 
|content2 = 

|heading3style = 
|heading3 = 
|content3style = 
|content3 = 

<!--etc.-->

|heading35style = 
|heading35 = 
|content35style = 
|content35 = 

|belowstyle = 
|below = 

|navbar = 
|navbarstyle = 
|navbaroptions = 

|wraplinks = true/false
}}

関連項目[編集]