Template:Coord/link

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

{{{dms-lat}}} {{{dms-long}}} / 構文エラー: 認識できない区切り文字「{」です。 構文エラー: 認識できない区切り文字「{」です。 / {{{dec-lat}}}; {{{dec-long}}}

Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

これは {{Coord}} から、座標の表示のために内部的に利用されるテンプレートです。

表示例[編集]

{{coord|10|N|30|W}} 北緯10度 西経30度 / 北緯10度 西経30度 / 10; -30
{{coord|10|11|N|30|31|W}} 北緯10度11分 西経30度31分 / 北緯10.183度 西経30.517度 / 10.183; -30.517
{{coord|10|11|12|N|30|31|32|W}} 北緯10度11分12秒 西経30度31分32秒 / 北緯10.18667度 西経30.52556度 / 10.18667; -30.52556

クラス解説[編集]

span 要素の各クラス、"geo-default"・"geo-dec"・"geo-dms"は MediaWiki:Common.css にて定義されています。

さらに、"geo"・"latitude"・"longitude" は Geoマイクロフォーマットにおいて特別な意味を持っています。

表示のカスタマイズ[編集]

既定では、座標はフロントエンドのテンプレートで指定されたままの形式で表示されます。

座標を常に度分秒形式で表示するには、ご自身の monobook.css (モノブックスキンの場合) に以下の記述を追加してください:

.geo-default { display: inline }
.geo-nondefault { display: inline }
.geo-dec { display: none }
.geo-dms { display: inline }

常に十進形式で表示するには、代わりに以下を記述してください:

.geo-default { display: inline }
.geo-nondefault { display: inline }
.geo-dec { display: inline }
.geo-dms { display: none }

両方の形式で表示するには、以下を記述してください:

.geo-default { display: inline }
.geo-nondefault { display: inline }
.geo-dec { display: inline }
.geo-dms { display: inline }
.geo-multi-punct { display: inline }

CSS が無効な環境や、MediaWiki:Common.cssのブラウザキャッシュが古い場合は両方の形式で表示されます。