Template:Cite NIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

概要[編集]

このテンプレートにより{{cite encyclopaedia}}の形式に沿った形で、NIEから記事への引用が可能になります。これはウィキソースのプロジェクト、The New International Encyclopædiaへリンクされます。

使用法[編集]

{{Cite NIE|NIEの記事名|year=出版年}}

また、表題や記事名、著者名、もしくはtitledisplayauthornoiconvbなどの任意の引数を用いて詳細の記述ができます。

{{Cite NIE|NIEの記事名|display=displayed article name|year=出版年|author=著者名|long=x|noicon=x|vb=x}}

その他にもpagepagesvolumeurlの引数が使えます。

使用例[編集]

簡易表示[編集]

{{Cite NIE|Kapp, Friedrich|year=1905}}

表示 :

Wikisource-logo.svg Kapp, Friedrich”. New International Encyclopedia. (1905). 

コメント付き[編集]

{{Cite NIE|Kapp, Friedrich|year=1905}} ドイツ系アメリカ人の歴史家、法律家。

表示 :

Wikisource-logo.svg Kapp, Friedrich”. New International Encyclopedia. (1905).  ドイツ系アメリカ人の歴史家、法律家。

displayを使用する[編集]

ウィキソースの構造上、引用元は記事名の一部ではなく、曖昧さ回避の情報もリンクする必要があります。

引数 displayは、その情報を隠すために用います。

{{Cite NIE|Adams, William (clergyman)|year=1905|display=Adams, William. アメリカ長老派教会の聖職者}}

表示:

Wikisource-logo.svg Adams, William (clergyman)”. New International Encyclopedia. (1905). 


noicon(アイコンの非表示)を使用する[編集]

{{Cite NIE|Kapp, Friedrich|year=1905|noicon=x}}

表示:

Kapp, Friedrich”. New International Encyclopedia. (1905). 

vbを使用する[編集]

本文が逐一正確に記事に取り込まれている場合は、en:Wikipedia:Plagiarismの方針にふさわしい情報を付け加えるのに引数vbを用います。

{{Cite NIE|Schlatter, Francis|year=1905|vb=x}}

表示:

Wikisource-logo.svg Schlatter, Francis”. New International Encyclopedia. (1905). 


関連項目[編集]