Template:年間カレンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

年間カレンダーを表示するテンプレです。グレゴリオ暦のカレンダーは、1582年以前のカレンダーは表示できないようにしてあります。ユリウス暦のカレンダーは、紀元前1年以前のカレンダーは表示できません。

使い方[編集]

{{Template:年間カレンダー|年=YYYY|表題=イ|Type=型}} YYYYの部分は表示させたい年(西暦)を、イの部分は可視を入れれば

という説明がカレンダー上部に表示されます。(不可視と書いておくなり、{{Template:年間カレンダー|年=YYYY}}だけにするなりすれば、表示されません。)

Type=J とすれば、ユリウス暦のカレンダーになります。

応用[編集]

{{Template:年間カレンダー|年={{#time:Y}}|表題=可視}}もしくは{{Calendar}}と書けば、今年のカレンダーが表示されます。Help:条件文を使って応用すれば、来年のカレンダーや再来年のカレンダーを表示させることも可能です。但し、#timeは、2038年1月19日03時14分07秒(UTC)を超える時間を表すことが出来ないので注意(詳しくは2038年問題参照)。今後改善されるかもしれませんが………。

表示例[編集]

今年のカレンダーが表示されます。

{{Template:年間カレンダー|年={{#time:Y}}|表題=可視}}
1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
3月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
5月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

TemplateData[編集]

年=YYYY|表題=イ|Type=型

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

年間カレンダー

年間カレンダーを表示するテンプレート。グレゴリオ暦のカレンダーは、1582年以前のカレンダーは表示は抑止している。ユリウス暦のカレンダーは、紀元前1年以前のカレンダーの表示を抑止している。

テンプレート引数
引数 説明 既定 自動入力値 状態
表示させたい年(西暦) number 必須
表題 表題 "可視" を与えると "YYYY年のカレンダー(グレゴリオ暦)" の形式の表題を表示する。 line 不可視 省略可能
Type Type "J" を与えるとユリウス暦で表示する(既定値は、グレゴリオ歴)。 line 省略可能