Template:年間カレンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

年間カレンダーを表示するテンプレです。グレゴリオ暦のカレンダーは、1582年以前のカレンダーは表示できないようにしてあります。ユリウス暦のカレンダーは、紀元前1年以前のカレンダーは表示できません。

使い方[編集]

{{Template:年間カレンダー|年=YYYY|表題=イ|Type=型}} YYYYの部分は表示させたい年(西暦)を、イの部分は可視を入れれば

という説明がカレンダー上部に表示されます。(不可視と書いておくなり、{{Template:年間カレンダー|年=YYYY}}だけにするなりすれば、表示されません。)

Type=J とすれば、ユリウス暦のカレンダーになります。

応用[編集]

{{Template:年間カレンダー|年={{#time:Y}}|表題=可視}}もしくは{{Calendar}}と書けば、今年のカレンダーが表示されます。Help:条件文を使って応用すれば、来年のカレンダーや再来年のカレンダーを表示させることも可能です。但し、#timeは、2038年1月19日03時14分07秒(UTC)を超える時間を表すことが出来ないので注意(詳しくは2038年問題参照)。今後改善されるかもしれませんが………。

表示例[編集]

今年のカレンダーが表示されます。

{{Template:年間カレンダー|年={{#time:Y}}|表題=可視}}
1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

TemplateData[編集]

年=YYYY|表題=イ|Type=型

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

年間カレンダー

年間カレンダーを表示するテンプレート。グレゴリオ暦のカレンダーは、1582年以前のカレンダーは表示は抑止している。ユリウス暦のカレンダーは、紀元前1年以前のカレンダーの表示を抑止している。

テンプレート引数
引数 説明 状態

表示させたい年(西暦)

既定
Example
empty
自動入力値
number 必須
表題 表題

"可視" を与えると "YYYY年のカレンダー(グレゴリオ暦)" の形式の表題を表示する。

既定
不可視
Example
empty
自動入力値
line 省略可能
Type Type

"J" を与えるとユリウス暦で表示する(既定値は、グレゴリオ歴)。

既定
Example
empty
自動入力値
line 省略可能