TVR・Speed Six

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TVR・Speed Six(スピードシックス)とは、イギリスTVRが開発した直列6気筒エンジンのこと。

概要[編集]

サガリスに搭載されているSpeed Six

このエンジンのプロトタイプ(AJP6)は、エンジニアのAl Mellingが、3.6/4.0Lユニットとして設計した。このエンジンの主な特徴は、合金製のブロックとヘッド、ドライサンプシステム、フューエルインジェクションなどである。これにより軽量かつ高出力なエンジンに仕上がっている。

サーブラウのエンジンである初めてのSpeed Six(4.0L)バージョンは350馬力を発生したが、その後タスカンSやサガリスに採用されたエンジンの出力は405馬力にも達した。

スピードシックスは3.6Lと4.0Lの2種類が生産されている。この2つは同じピストンを使用しているが、ストローク長が4.0Lのほうが長くなっている。エンジンのヘッドには24バルブツインカムが備えられ、各シリンダーにはスロットルバルブとインジェクター(エアフロレス)、それぞれ同じ長さのエキゾーストマニホールドがある。また、エンジンを30度に傾けることで低重心化しドライサンプシステムをシャーシより低く取り付けることが可能となった。

このエンジンの派生型として「Speed Twelve」がある。

搭載車種[編集]

など

関連項目[編集]