TVR・サーブラウスピード12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サーブラウ スピード12Cerbera Speed 12 )は、イギリス自動車メーカー、TVRが開発していたスポーツカー。

名前の由来は、V型12気筒エンジンを搭載していることから。

概要[編集]

TVR・サーブラウ スピード12
Cerbera Speed 12.jpg
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア ハッチバック
エンジン 7.7L V12 DOHC
最高出力 811ps/7500rpm
最大トルク 89.86kgfm5750rpm
変速機 6速MT
駆動方式 FR
全長 4,620mm
全幅 2,030mm
全高 1,160mm
ホイールベース 2,640 mm
車両重量 1,020kg
-自動車のスペック表-

元々は、FIA-GT選手権参戦を目的としたレースカーを作るべく開発された。

スピード12の基となったのは、1996年英国国際モーターショーに出展された「プロジェクト7/12コンセプト」である。エンジンは2台の「Speed Six」を、クランクシャフトを介してつなげられた、7.7LV12エンジン(Speed Twelve)で、そのときのアナウンスでは、このマシンは800馬力以上の出力を持っていたという(実際の公称値は記録されなかった)。トランスミッションはホリンジャー製6速MT。

その後「スピード12」と改称され、ロードバージョンとレースカーの開発が並行して行われた。そして2000年、「サーブラウ スピード12」が完成した。

いかにもTVRといった外装に、プッシュロッド式サスペンション、アルミハニカム&スチールパイプハイブリッドフレームなど最高技術をふんだんに取り入れていた。

スピード12には7/12コンセプトに搭載されたのと同じSpeed Twelveが搭載された。公道仕様で880馬力以上を発揮し、公称最高速386km/hは世界でも有数の速さであった。なお、レース用に開発されたスピード12は、レギュレーションの関係で約675馬力にまでパワーダウンされていた。

ロードカーのほうはかなりの数の注文が殺到し、価格は188,000ポンドと、歴代で最も高価なTVR車となった。しかし、800馬力の超高出力エンジンを搭載していながらも、安全装置(ABSなど)を一切搭載しておらず、かつパワーを伝えるのが後輪のみで、さらに大型な車体による小回りの悪さから、どのように考えても市販出来るようなマシンではなかったため、当時のTVR社長であったピーター・ウィラーの判断で計画は中止された。

その後スピード12のプロトタイプは各地のショーなどで展示されることとなったが、あるオーナー(John Barker)に対して、プロトタイプのうち1台を販売することを決定した。社長であるウィラーが自ら本人に面会して販売するのにふさわしいと判断された後、その人物に販売された。

関連項目[編集]