TVR・グリフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グリフィスGriffith )は、イギリスTVRが発売していたスポーツカー

歴史[編集]

初代(1963~1965)[編集]

TVR・グリフィス(初代)
グリフィス200
TVR Griffith 200 at Brands Hatch.jpg
販売期間 1963年 - 1965年
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン フォード製 4.7L V8 OHV 198PS/39.0kgm
変速機 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前後:ダブルウィッシュボーン
-自動車のスペック表-

北米でのディーラー権を獲得したジャック・グリフィス率いるグリフィス・モーターズが、自らのファクトリーで製作したマシンがグリフィス誕生のきっかけとなった。当時の1960年代前半はACコブラの成功によりアメリカンスポーツカーが流行となっており、グリフィスもその影響により誕生したと言える。

グランチュラ・マークIIIのシャーシを、ほとんど手を加えずにそのまま流用し、そこにフォード製4.7LV8OHVを搭載した。そのポテンシャルは高く、一番簡単なチューニングでも0-100km/h加速が約6秒、最高時速225km/hというものだった。しかしほとんど手を加えていないグランチュラのシャーシでは、操作性はかなり危険なものだったという。

TVRは、このマシンを「グリフィス200」という名称で1963年からモデルに加え、操作性を向上すべくシャーシの改良に着手した。1965年にグランチュラがマークIVにモデルチェンジすると、それをベースにした「グリフィス400」にモデルチェンジした。

しかしシャーシに改良を施したにも関わらず、最後まで良好な操作性を確保できず、400の発表から1年も経たない1965年に生産を終了した。

2代目(1992~2001)[編集]

TVR・グリフィス(2代目)
Ianbarrett.jpg
販売期間 1992年 - 2001年
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン ローバー製 4.0L/5.0L V8 OHV
最高出力 324PS/5,500rpm
最大トルク 44.24kgfm/4,000rpm
変速機 5速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前後:ダブルウィッシュボーン
全長 3,892mm
全幅 1,943mm
全高 1,205mm
車両重量 1,060kg
-自動車のスペック表-

ピーター・ウィラーがTVR社長に就任して以来、TVRは次々に斬新的なニューモデルを発表していった。その中の1台として1992年に発表されたのが、新生グリフィスである。

鋼管チューブラーフレームFRP製ボディをかぶせるという従来の様式はそのまま受け継ぎ、スタイルは2ドアのオープンスポーツとした。

エンジンはローバー・V8エンジンをFRレイアウトで搭載。最初の頃は排気量は4.0L程度だったが、次第にパワーが向上し、最終的には5.0Lまで向上した。さらに1tほどの軽量なボディと組み合わせることで、かなりスパルタンなマシンに仕上がっており、乗りこなすにはそれ相応の技術が必要なクルマである。

インテリアはレザーを使用しており、スパルタンなイメージとは裏腹にクラシカルな仕上がりとなっている。しかし、エアバッグなどの安全装備は一切ない。

グレードは275PSの4.0Lエンジンを搭載する「ブラックプールB275」と340PSの5.0Lエンジンを搭載する「ブラックプールB340」の2種類だったが、その後320PSの5.0Lエンジンを搭載する「500」のみになった。

2001年に生産終了。

関連項目[編集]