TVR・グランチュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TVR・グランチュラ
グランチュラ・マークIII
TVRGrantura.jpg
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 直4 OHV
駆動方式 FR
後継 TVR・ビクセン
-自動車のスペック表-

グランチュラGrantura )は、イギリスTVRがかつて市販していた自動車

概要[編集]

TVR初の市販モデルで、1957年にデビュー。

ボディにはFRP製ボディと鋼管 チューブラーフレームを採用。これは後のTVR車でも基本となるスタイルとなった。ホイールベースを短く、かつトレッドを大きくとり、さらにフォルクスワーゲン・タイプ1用のトーションバーを流用して作ったトレーリングアームにより、俊敏な操作性能を得た。しかし、あまりにも俊敏な操作性能だった上、乗り心地があまり良くなかったため、日常生活で使用するという面ではあまり向いていなかった。

しかし1962年に発売されたマークIIIでは、ホイールベースを延長し、新設計のダブルウィッシュボーンを採用することで、この特性をいくらか抑えることに成功した。

エンジンはいずれも直4OHV。マークI・II時代はフォード製1.2Lなどがラインナップされていたが、マークIIIになると、より高出力なMG・MGA1600マークII用のBMC製1.6Lエンジンが搭載され、1963年にはMG・MGB用のBMC製1.8Lエンジンが搭載された。

歴史[編集]

  • 1957年 - マークI発売
  • 1960年 - マークIIにモデルチェンジ
  • 1962年 - マークIIIにモデルチェンジ
  • 1963年 - BMC製のMG・MGB用1.8Lエンジンを搭載
  • 1965年 - マークIVにモデルチェンジ
  • 1967年 - マークIVがビクセンに改称されたことで、事実上グランチュラは生産終了。

関連項目[編集]