TSUNAMI -ツナミ-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TSUNAMI -ツナミ-
해운대(海雲台ヘウンデ)
監督 ユン・ジェギュン
脚本 ユン・ジェギュン
製作 ユン・ジェギュン
製作総指揮 キャサリン・キム
音楽 イ・ビョンウ
撮影 キム・ヨンホ
編集 シン・ミンギョン
製作会社 CJ Entertainment
Doosabu Film
Polygon Entertainment
配給 韓国の旗 CJ Entertainment
日本の旗 CJ Entertainment/パラマウント
公開 韓国の旗 2009年7月22日
日本の旗 2010年9月25日
上映時間 90分
製作国 韓国の旗 韓国
言語 朝鮮語
テンプレートを表示
TSUNAMI -ツナミ-
各種表記
ハングル 해운대
漢字 海雲臺
発音 ヘウンデ
日本語読み: (かいうんだい)
2000年式
MR式
英語表記:
Haeundae
Haeuntae
Tidal Wave
テンプレートを表示

TSUNAMI -ツナミ-』(해운대、ヘウンデ(海雲台))は、2009年韓国映画

概要[編集]

日本ではタイトルを『TSUNAMI』としてパニック映画として売り出されているが、韓国では原題のとおり『海雲台』を舞台にその近郊に住む一家たちそれぞれの家族ドラマをメインに取り上げている。1150万人の観客を動員し、2009年公開の韓国最大のヒット映画である。韓国歴代でも4位を記録し、動員1000万人超えは『グエムル-漢江の怪物-』以来3年ぶりとなった[1][2]

ストーリー[編集]

韓国釜山近郊のビーチリゾートの海雲台(ヘウンデ)海雲台海水浴場を訪れた100万の行楽客たちを高さ100メートル時速800kmの「メガ津波」が襲う。 ちなみに日本でヒットしたチョーヨンピル(조용필、漢表示: 趙 容弼)「釜山港へ帰れ」と言う歌の原題は 「海雲台へ帰れ」である。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マンシク ソル・ギョング 東地宏樹
ヨニ ハ・ジウォン 若原美紀
キム・フィ パク・チュンフン てらそままさき
ユジン オム・ジョンファ 岡村明美
ヒョンシク イ・ミンギ 高橋広樹
ヒミ カン・イェウォン 木下紗華
ドンチュン キム・イングォン 小森創介

日本公開[編集]

日本では、パラマウント・ジャパンCJエンタテインメント・ジャパンの共同配給により2010年9月25日から公開された。 かねてより韓国内でパラマウント映画の配給をしていたCJグループが日本でCJエンタテインメント・ジャパンを設立し、日本で自社作品をパラマウント・ジャパンと共同配給していくことになった。その第1弾が本作である[3]

日本語吹替はパラマウント・ジャパンが提唱する「超日本語吹替版」が採用された[4]。この吹替版の監修には、『ゴジラvsビオランテ』などの平成ゴジラシリーズを手掛けた大森一樹監督と川北紘一特技監督が起用された。そして津波が観光客を襲うシーンで臨場感を出すため、横浜市日産スタジアムに1万8152人を集めて悲鳴を収録する「史上最大のアフレコ収録」が行われた[5]

日本語吹替版ではAKB48の「あなたがいてくれたから」がエンディングソングとして使われた[6]

2011年4月23日にWOWOWでテレビ初放送の予定だったが、津波が甚大な被害を与えた東日本大震災が発生し、3月24日に放送中止が告知された[7]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤結「韓国映画最新事情」『キネマ旬報』2010年9月下旬号、p.158
  2. ^ ギネス記録を狙う映画『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ収録に日本一喧しい男・柳沢慎吾が登場! シネマトゥデイ 2010年8月29日
  3. ^ キネマ旬報映画総合研究所編集『映画ビジネスデータブック <2010-2011>』キネマ旬報社、2010年、p.79
  4. ^ 『超日本語吹替版』って何? 違和感ない自然な『せりふ』を”. 東京新聞 (2010年9月2日). 2010年9月8日閲覧。
  5. ^ 柳沢慎吾“史上最大のアフレコ”に感動!”. サンスポ (2010年8月30日). 2010年9月8日閲覧。
  6. ^ AKB48が『TSUNAMI ツナミ』主題歌を!前田敦子&板野友美も心震わす”. MovieWalker (2010年8月27日). 2010年9月8日閲覧。
  7. ^ 番組変更のお知らせ WOWOW公式サイト 2011年3月24日

外部リンク[編集]