TRIZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TRIZ (トゥリーズ) はソビエト連邦で生まれた発明的問題解決理論である。ロシア語Teoriya Resheniya Izobretatelskikh Zadatch (Теория решения изобретательских задач)頭字語である。

英語では Theory of solving inventive problems または Theory of inventive problems solving と呼ぶ。

概要[編集]

TRIZ の研究は、クラシカル TRIZ 時代とコンテンポラリー TRIZ の時代に分けられる。

  • クラシカル TRIZ: 1946 年にロシア人の G.アルトシューラーが研究を始め、その第一線を退く 1985 年まで。
  • コンテンポラリー TRIZ: クラシカル TRIZ 以降、現在に至るまで。

1990 年代初頭からの研究は、アメリカを中心とした西側諸国に移る。そしてTOPE(Tech Optimizer, 現GFIN)やIWB(Innovation Workbench)などのパソコン用ソフトウェアが開発され目覚しい発展を遂げた。それまでは ARIZ に沿って、莫大な知識データベースが記された小冊子を参照しつつ問題解決に取り組んでいた。アルトシュラーによる特許分析は約 40 万件であるが、アメリカでは 200 万件の特許分析を行い、TRIZ を進化発展させた。ソ連では成し得なかったコンピュータ利用による TRIZ 活用の容易性が普及した要因と考えられる。もちろんその背景にはパソコンの機能向上と低価格化という環境があった。

現在の TRIZ は、理論や特許の原理の研究を深めるだけではなく、マネジメント・創造性開発などの能力開発分野、IT 分野への拡大・研究が広がっている。

誤解された TRIZ[編集]

1997 年 TRIZ は日本で「超発明術」として紹介された。日経 BP 社発行「超発明術 TRIZ シリーズ 1~4」に超発明術と明記されている。超発明術という意味を早合点し、TRIZ を使えば誰でも自動的に発明ができるようになると思いこんだ会社が TRIZ に飛びついたが、多くの企業が思うような成果を出せなかったことで、結果として TRIZ は使えないという誤解を産んだ一面がある。少なくとも自社の製品および業界の知識を保有していない企業が、TRIZ を使ったところで画期的な問題解決策など出ることはない。このことを学校法人産業能率大学は以下のように指摘している[1]

「日本における TRIZ の歴史が「超発明術」として紹介されるところから始まったため、日本の人々にTRIZの本質が見えにくくなってしまった感があります。私達はややもすれば「魔法の杖」や「占い師の商売道具」に近いものに受取られがちなTRIZを、難しい問題に取り組んで考える人にとって欠くことのできない“当たり前の思考支援ツール”として位置づけ直したいと考えています。」

この文章にあるとおり、TRIZ は思考を支援するツールであることを理解していない人が多い。正しく理解するためには、アルトシュラーの基本論文[1]を参考にされたい。

TRIZ に関連するソフトウェアには IWB(Innovation Workbench) と GFIN(Goldfire Innovator,旧TOPE)[2]などがあり、前者はコンテンポラリーTRIZの代表例であるIdeation-TRIZ(I-TRIZ)を開発した専門家達の実践的な思考プロセスと知識ベースとノウハウを提供するものであり、後者は問題分析とともにTRIZに関する知識データベースを検索する検索エンジンとして活用される。

TRIZ の正しい活用法[編集]

TRIZ が意味する思考支援とは、利用者に問題解決のステップを明示すること、および利用者の心理的惰性と言われる早合点・思いこみを排除することである。問題を正しく捉えようとしても、多くの場合、本人が気づかぬままに視野や思考を限定してしまう。そしてその範囲の中でしか問題を見ることができない。自ずと出てくる問題解決策は衆知のモノであることが多い。長年に渡り研究開発に従事している人たちは、その経験分の色眼鏡を掛けていると言える。TRIZ はその色眼鏡を外すためのツールだと考えると理解が早い。

日本TRIZ協会[編集]

TRIZおよびそれに関連した技術・技法の研究、活用、普及等を目指す諸活動を行うために、NPO法人日本TRIZ協会が設立されている(下記「外部リンク」の項参照)。 毎年秋に同協会のシンポジウムが開催されている。 2013年には東京立川市の統計数理研究所にて二日間(9月5日~6日)に渡り開催された。

TRIZと他の手法との連携[編集]

TRIZを実際の製品開発に適用する上では、TRIZとの他の手法との連携が効果的であることが報告されている。 [3] [4]

上述の日本TRIZシンポジウム2013においても、自動車部品、精密機器、化学メーカなどから、TRIZとQFD(品質機能展開)やタグチメソッド手法を連携した開発事例が紹介された。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]