TRAXX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TRAXX(トラックス)は、ボンバルディア・トランスポーテーションの、電気機関車およびディーゼル機関車を製造するためのプラットフォームである。

日本においては、鉄道車両を製造する際には鉄道事業者の指定の仕様での製作、つまりオーダーメードであることが一般的である。これに対し、TRAXXはセミオーダーメードタイプと呼べるもので、搭載機器のモジュール化を行い、各種の電気機関車およびディーゼル機関車を造ることができる。 現在、ドイツ、スイス、イタリア、ルクセンブルクで使用されている。

TRAXX(185.1形系統)[編集]

DB Class 185.0(TRAXX)

TRAXXは、AEGアンドヘンシェル(当時。のちアドトランツを経て現ボンバルディア・トランスポーテーション傘下)が1994年に作った128形試作機を元とする。これは、ドイツ鉄道(DB)が、1950年代〜1960年代にEinheitslokomotiven(英訳:Uniform Electric Locomotive)と呼ばれる、一定の仕様により製造された機関車を置き換えるために作られた交流電気機関車(電圧15kV、16.7Hz)で、出力6400kw、最高速度は時速220kmに達する。クラウス=マッファイユーロスプリンターでの127形に相当する。127形は、ドイツ鉄道120形を発展させた三相モーターを使用した電気機関車である。

試作機は、ドイツ鉄道から80両の中形貨物用機関車を受注することにつながった。これらはドイツ鉄道145形とされ、1997年からアドトランツ(当時)で製造された。三相モーターを使用したことは、TRAXXのような製造システムを容易なものにした。少しの変更で、この機関車はほとんどのヨーロッパ地域を走ることができた。さらにDBは400両の185形を発注。2002年までに製造された車両は出力が計4200kwだったが、のちに5600kwに増強されている。最高速度は時速140kmないし160kmである。

2000年のハノーヴァー万国博覧会の開催中、DBは数両の145形を重量ダブルデッカー旅客列車の牽引に充当した。結果は満足いくもので、モディファイを施した146形が発注された。主な変更点はクイル式駆動方式としたことで、最高速度を時速160kmとした。2003年、185形が同様の改造を施され、146.1形となった。

BLSカーゴRe485形

各種電気機関車のうち、もっとも出力の高い機関車ということで、スイス連邦鉄道(スイス国鉄)およびBLSによりゴッタルド鉄道トンネルレッチュベルクトンネルシンプロントンネルを通過する重量列車牽引機に選定された。2002年よりそれぞれRe482.1形およびRe485形として配備されている。

TRAXX2(185.2形系統、Re484形)[編集]

DB Class 146.2(TRAXX2)

2004年、20両の交直両用機関車(Re484形)がスイス国鉄の貨物部門に納入された。TRAXX2プラットフォームを使った初の交直両用機関車で、4種類の電源に対応していた。スイスとイタリアの保安装置しか装備していなかったため、試運転では2種類の電圧(交流15kv16.7Hzと25kV50Hz)でしか使われていない。5両がチザルピーノ社により借り出され、スイスとイタリア間で試運転された。さらに3両が2007年に配備された。 2005年、185形は大幅なモデルチェンジを受けた。前頭部の変更、IGBTの採用が主なものである。これらは185.2形および146.2形とされた。 出力はTRAXXと同じ。最高速度は時速140km。

TRAXX3(186形系統およびディーゼル機関車)/ディーゼル機関車への展開[編集]

TRAXXをスタートした当初から、ボンバルディアはTRAXXファミリーにディーゼルバージョンをラインナップしたいと考えていた。しかし、TRAXXとTRAXX2のプラットフォームでは、汎用性の観点から実現できなかった。2006年、ボンバルディアはプラットフォームをTRAXX2からTRAXX3へと変更した。TRAXX3は、エンジン冷却風取入口と給油口、そして燃料タンク搭載スペースを持ち、電気機関車とディーゼル機関車の双方に共通で使用される。この拡張性をもって、必要に応じて電気機関車からディーゼル機関車へ、あるいはその逆へという改造をも可能にした。

電気機関車バージョン[編集]

TRAXX3での最初の電気機関車バージョンは、186形の複電圧形である。これは、オランダのアムステルダムとブリュッセルの間で高速新線を経由する列車に使われる予定である。同様にオランダからイタリアへ、またポーランドからオーストリアへ、国境での機関車交換なしで貨物列車を運行する。もうひとつ、イタリア市場向けの直流専用電気機関車であるE483形がある。どちらも2007年6月まで試用され、186形は2007年9月からアムステルダムーブリュッセル間の列車で、旧線経由で充当される。

ディーゼル機関車バージョン[編集]

メトロノム246(TRAXX3ディーゼルバージョン)

ドイツのニーダーザクセン州の鉄道運営会社メトロノムが、最初に旅客用バージョンの246形を発注した。11両が2005年に発注され、2007年には配備の見込み。最初の3両は早く竣工し、2006年のイノトランス国際鉄道技術専門見本市に公式に姿を現し、性能を確実なものとするために予定より早く試運転を開始した。これらは非電化のハンブルクークックスハーフェン線にて運行される予定である。 また、イギリスのCBレイルは貨物バージョンの285形を10両発注。これらはイギリスの貨物鉄道会社フレートライナーにリースされる。2008年配備予定。

どちらのバージョンも電気式ディーゼル機関車で、2200kwのMTUフリードリヒスハーフェンの16V4000R41L型エンジンを搭載。違いは変速機と最高速度である。旅客列車バージョンは146形と同様のクイル駆動で最高速度160km/h。貨物列車バージョンは185形とよく似た車軸ベアリングを持ち、最高速度は140km/hである。

これら中出力の機関車はシーメンスユーロランナーフォスロG2000形と競合する。

主な運用鉄道事業者[編集]

2006年末までに700両以上が配備され、2007年11月現在、なお多数が製造中である。各国の・どの鉄道事業者が・どの形式を・何両運用しているかの詳細は、本ページのドイツ語版あるいは英語版が最新の情報が反映されやすいので、そちらを参照されたい。

  • DBシェンカー(ドイツ鉄道の貨物部門会社)
  • DBレギオ(ドイツ鉄道の短距離旅客列車部門子会社)
  • SBBカーゴ(スイス連邦鉄道の貨物部門会社)
  • BLSカーゴ(スイスの私鉄BLS AGの貨物部門会社)
  • ルクセンブルク国鉄
  • 三井レールキャピタルヨーロッパ(オランダのリース会社)
  • CBレール(ポーターブルック。イギリスの車両リース会社)
  • メトロノム(ドイツ)
  • エンジェル・トレインズ(イギリスの車両リース会社)

関連項目[編集]