TOP 09

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TOP 09
Tradice Odpovědnost Prosperita 09
党首 カレル・シュヴァルツェンベルク
創立 2009年6月11日 (2009-06-11)
本部 Michnův palác, Újezd 450/40, 118 00 プラハ 1 – マラー・ストラナ
政治的思想 財政保守主義
自由保守主義
親欧州主義
政治的立場 中道右派[1]
欧州連携 欧州人民党
公式カラー 青と赤
代議院
41 / 200
元老院
1 / 81
欧州議会
1 / 22
地域評議会
44 / 675
地方議会
1,711 / 62,178
公式サイト
http://www.top09.cz/
チェコ共和国の政治
政党一覧
選挙

TOP09チェコ語: Tradice Odpovědnost Prosperita 09、日本語: 伝統・責任・繁栄 09)は、チェコ共和国財政保守主義英語版親欧州主義英語版ならびに自由保守主義英語版を理念とする政党であり、欧州連合自由市場を支持している[2]党首カレル・シュヴァルツェンベルク。現在、TOP09は下院で41議席を維持している。

略歴[編集]

TOP09は、自由市場賛否を巡りキリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党より分裂、ミロスラフ・カロウセクによって2009年6月11日に結成された[3]。カレル・シュヴァルツェンベルクが緑の党により指名されチェコ共和国外務大臣に就任、2009年5月まで務め、その後同年6月に党の最初の党首に就任した[4]2010年チェコ議会下院選挙で、TOP09は16.70パーセントの票を獲得した[5]。右派政党としては市民民主党に次いで第二番目の強さを示した[6]。現在、TOP09は市民民主党と公共で現政権に参加している。TOP09から政府に外務大臣のカレル・シュヴァルツェンベルク、財務大臣のミロスラフ・カロウセク、労働社会大臣のリュドミラ・ミュルレロヴァー、厚生労働大臣のレオシュ・ヘゲル、文化大臣のアレナ・ハナーコヴァーら計5人の閣僚を送り込んでいる。 2010年9月、TOP09はメンバーとして欧州人民党に参加することを表明した。カレル・シュヴァルツェンベルクは、すでに公式に2010年9月15日ならびに12月16日の2つの欧州人民党サミットに参加していた[7][8]。 やがて、2011年2月10日、党TOP09は公式に欧州人民党に参加することを許可された[9]。欧州議会議員ヤン・ブジェジナキリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党を離党して、2012年2月にTOP09に加わった[10]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]