TNM分類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TNM分類(てぃーえぬえむぶんるい)とは、悪性腫瘍の病期分類に用いられる指標の1つ。国際的には国際対がん連合(UICC)によって定められたTNM分類が有名だが、日本では癌取扱い規約においてもTNM記号を使った病期分類が定められており、広く用いられている。両者はそれぞれ異なった基準を持つ。

概要[編集]

視診、触診、X線検査などの一般的な検査所見から分類する。

T
原発巣の大きさと進展度を表す。T1~4までの4段階に分けられる。
N
所属リンパ節への転移状況を表す。転移のないものをN0とし、第一次リンパ節、第二次リンパ節への転移、周囲への浸潤の有無からN3までの段階に分ける。
M
遠隔転移の有無を表す。遠隔転移がなければM0、あればM1となる。

以上を指標としてstage I~IVまでの4期に分ける。記述する際にはT2N1M0のように記述する。実際には各悪性腫瘍ごとに独自の分類を定めていることが多い。

その他[編集]

基本的には臨床所見からTNM分類を決定するが、手術所見や術後の病理学所見に基づいてTNM分類を決定することもある。その場合はそれぞれsTNM、pTNMとして区別する。