TI-86

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TI-86

TI-861997年テキサス・インスツルメンツが開発しリリースしたプログラム可能なグラフ表示電卓である。Z80マイクロプロセッサを使用している。従来機種TI-85との部分的互換性を保っている。

TI-83やTI-84の上位に位置する。TI-83よりも画面が大きく、小文字やギリシア文字が入力でき、5つのソフトキーがあってメニュー操作が改善されており、小数・分数変換などのよく使う操作に素早くアクセスできる。他にも幾何ベクトル行列複素数の扱いがTI-83よりも改善されている。しかし欠点として、TI-83 にはデフォルトで備わっていた統計計算パッケージが TI-86 にはない。もっとも、テキサス・インスツルメンツのプログラムアーカイブからダウンロード可能であり[1]、リンクケーブル経由で電卓本体にインストールできる。

TI-86 の画面は二階調(白と黒)のモノクロ液晶だが、ピクセルを素早く反転させることでグレイスケール表示を擬似的に行える[要出典]。ピクセルが黒から白に変化するには時間がかかり、素早く再び黒にすると灰色のように見えることになる。反転の間隔をうまく調整することで複数の階調が実現できる。

TI-86 は既に販売終了している。

仕様[編集]

  • CPU: Z80 6 MHz
  • RAM: 128 KB、96 KB をユーザーが利用可能
  • ROM: 256 KB アップグレード不可
  • ディスプレイ: 128×64 ピクセル、高コントラスト・モノクロLCD
  • データ通信: シリアルリンクポート。TI-86 同士を接続したり、PCと接続したりできる。専用リンクケーブルを使用。
  • プログラミング言語: TI-BASIC、Z80 アセンブリ言語 (ASM)

外部リンク[編集]