THUNDER IN THE EAST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THUNDER IN THE EAST
LOUDNESSスタジオ・アルバム
リリース 1985年1月21日(日本盤)
1985年11月9日(アメリカ盤)
2004年10月27日(リマスターCD)[1]
2009年3月19日HQCD盤)
録音 1984年
ジャンル ヘヴィメタル
時間 41分26秒(オリジナル盤)
レーベル 日本コロムビア(日本盤)
アトランティック・レコード(アメリカ盤)
プロデュース マックス・ノーマン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
LOUDNESS 年表
DISILLUSION English Version
(1984年)
THUNDER IN THE EAST
(1985年)
SHADOWS OF WAR
(1986年)
THUNDER IN THE EAST 収録の シングル
  1. 「CRAZY NIGHTS (c/w NO WAY OUT)
    リリース:1984/12
テンプレートを表示

THUNDER IN THE EAST』(サンダー・イン・ジ・イースト)とは、1985年に発表されたLOUDNESSのアルバム。スタジオ・アルバムとしては5作目(既発アルバムの英語ヴァージョンを除く)に当たり、本格的にアメリカ進出を果たした作品となった。第27回日本レコード大賞優秀アルバム賞受賞。

解説[編集]

アトランティック・レコードとの契約を得たLOUDNESSは、世界進出を目指して、最初から英語で歌うことを前提に本作を制作。『DISILLUSION English Version』(『DISILLUSION 〜撃剣霊化〜』を英詞で歌い直したもの)に続く、全曲英詞による作品となった。プロデューサーに、オジー・オズボーンY&T等との仕事で知られるマックス・ノーマンを起用[3]。 メンバー曰くマックスの仕事ぶりは「」だったとのことだそうで、高崎がレコーディング中に高崎が気にならない程度のリズムやチューニングの狂いに対し「ズレてるからやり直せ!」と言いながらもテープをゆっくり回してレベル・メーターで狂いを確認しようとしたり(高崎曰く「誰がそんな事までしてレコード聴くねん!」とのこと)、コーラスのハーモニーに関しても音楽理論で攻め立てられた事もあり、メンバーと喧嘩になった事もあったと言う[4]

この一件に関し、サウンドプロデューサーであり通訳として関わっていたジョージ吾妻によると、LOUDNESS側から「ジョージさんはあいつの味方かよ」、マックスからは「LOUDNESSの肩を持ってどうするんだよ」と攻め立てられた為、双方の意見を纏めるのに苦労したが、そのおかげでメンバー(特に高崎)との絆は出来たと述懐している[5]

マックス以外のプロデューサー候補にはレインボーアイアン・メイデンで知られるマーティン・バーチジューダス・プリーストで知られるトム・アロムの名が挙がっていたと言う[6]

先行シングル曲「CRAZY NIGHTS」は、スウェーデンのヘヴィメタル・バンド、セリオンのコンピレーション・アルバム『Crowning Of Atlantis』(1999年)[7]と,同じくスウェーデンのヘヴィメタル・バンド,ハンマーフォールのコンピレーションアルバム,『Masterpieces』(2008年)、チルドレン・オブ・ボドムのアルバム『Halo of Blood』(2013年)でカヴァーされた。

日本盤は1985年1月に発売。LOUDNESSにとって、日本コロムビアからの最後のアルバムとなった(次作よりワーナーミュージック・ジャパンに移籍)。同年11月に発売されたアメリカ盤は、ビルボード誌アルバム・チャートの74位に達した。

2004年にリマスター再発された際、アニメ映画オーディーン 光子帆船スターライト』に提供された「GOTTA FIGHT」・「ODIN」の2曲がボーナス・トラックとして追加されたが、2009年3月19日に発売されるデジタルリマスター(HQCD盤)はボーナストラックはカットされている。

収録曲[編集]

特記なき楽曲は作詞:二井原実、作曲:高崎晃

  1. CRAZY NIGHTS
    収録ベストアルバム、ライブアルバム、雑誌、公式サイトなどのメディアによっては「CRAZY NIGHT」と表記される事がある。
  2. LIKE HELL
  3. HEAVY CHAINS(作詞:二井原実、作曲:山下昌良
  4. GET AWAY
  5. WE COULD BE TOGETHER
  6. RUN FOR YOUR LIFE
  7. CLOCKWORK TOY
  8. NO WAY OUT
    「CRAZY NIGHT」B面。
  9. THE LINES ARE DOWN
  10. NEVER CHANGE YOUR MIND
リマスター盤でのボーナストラック
  1. GOTTA FIGHT
    後発のシングルタイトル曲。
  2. ODIN
    「GOTTA FIGHT」B面。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]