THE CHEWINGGUM WEEKEND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE CHEWINGGUM WEEKEND
基本情報
別名 GO-GO-TIMES
出身地 日本の旗 日本 北海道
ジャンル ロック
活動期間 1991年 - 2001年
レーベル ソニーレコーズ
1996年 - 1999年
UKプロジェクト
2000年 - 2001年
メンバー
橋本孝志 (ボーカル
岩田晃次 (ギター
鈴木淳ベース
夏秋文尚 (ドラムス

THE CHEWINGGUM WEEKEND(チューインガム・ウィークエンド)は、男性4人によって構成される日本ロックバンド1991年に結成、2001年に解散した。

概要・来歴[編集]

メジャーデビュー時のメンバーは橋本孝志、岩田晃次、鈴木淳、夏秋文尚の4人。

1991年北海道札幌市にて橋本孝志と岩田晃次(ex.コインロッカー・ベイビーズ)を中心に、GO-GO-TIMESというバンド名で結成。その後THE CHEWINGGUM WEEKENDに改名された。1992年に上京し、いくつかのメンバー・チェンジを経て、1996年にシングル「あの娘をつかまえて」でソニーレコーズよりメジャーデビュー

活動中の音楽番組への露出はあまり行われていなかったが、1996年のミュージックステーションでは、PUFFYが「これが私の生きる道」を披露した際のバックバンドとして、バンド名のクレジット入りでの出演を果たしている。

2000年インディーズレーベルであるUKプロジェクトに移籍。2001年にギター・岩田晃次の脱退により解散した。解散後もメンバーはそれぞれソロやグループなどで音楽活動を継続中。

メンバー[編集]

橋本孝志(はしもと たかし)
1991年 - 2001年。北海道出身。ボーカル担当。ほぼ全作品の作詞・作曲も手がけた。使用機材はフェンダー・ストラトキャスター、ギブソン・ファイヤーバードなど。解散後は目立った活動は長く確認されていなかったが、2014年から当時のプロデューサー・上田禎をサポートに迎え、13年振りにライブ活動を再開している。
岩田晃次(いわだ こうじ、1968年7月23日 - )
1991年 - 2001年。北海道小樽市出身。ギター担当。元コインロッカー・ベイビーズベーシスト。解散後、まぼろしのみぎなどを経て、現在はソロユニットHERMITとして活動。使用機材はフェンダー・テレキャスター、ギブソン・レスポールなど。
鈴木淳(すずき じゅん、1968年7月18日 - )
1994年 - 2001年。宮城県仙台市出身、千葉県育ち。ベース担当。現在は主にthe pillowsカミナリグモのサポートベーシストとして活動。
夏秋文尚(なつあき ふみひさ)
1996年 - 2001年。東京都出身。ドラムス担当。GRANDFATHERSなどのサポートを経て、1stアルバム「the chewinggum weekend」発表後に正式加入。解散後、鈴木博文青山陽一など多くのミュージシャンのサポートを務め、現在はレコーディング・エンジニアとしても活動

作品[編集]

シングル[編集]

  • あの娘をつかまえて (1996年11月21日、SRDL-4294)
  • アイス (1997年6月1日、SRCL-3944)
  • ロマンス (1998年5月2日、SRCL-4301)
  • killer babe (1999年4月21日、SRCL-4490)
  • グロリア (2000年4月10日、JOHN-005)
  • CRAWL (2000年9月8日、JOHN-007)
  • MIRROR BALL (2001年6月22日、JOHN-009)

アルバム[編集]

  • チューインガム・ウィークエンド (1997年1月22日、SRCL-3705)
  • KILLING POP (1998年8月21日、SRCL-4360)

参考資料[編集]

  • 「ROCKIN'ON JAPAN 1998年12月号」

外部リンク[編集]