THE CHANGING SAME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE CHANGING SAME
平井堅スタジオ・アルバム
リリース 2000年6月21日
2000年10月1日(再発売)
ジャンル R&B
時間 約60分
レーベル Sony Records
DefSTAR RECORDS(再発)
プロデュース 松尾潔
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 週間14位(再発盤・オリコン)
  • 2000年度年間18位(オリコン)
ゴールド等認定
平井堅 年表
Stare At
1996年
THE CHANGING SAME
(2000年)
gaining through losing
2001年
テンプレートを表示

THE CHANGING SAME』(ザ・チェンジング・セイム)は、平井堅の通算3枚目のオリジナルアルバム2000年6月21日ソニーレコードから発売された。現行盤の発売元はDefSTAR RECORDSソニー・ミュージックエンタテインメント系列)。

解説[編集]

名を広めるきっかけとなった「楽園」(2000年1月19日)、先行シングル「why」(2000年5月10日)を含む、約4年ぶりのアルバム。オリコンアルバムヒットチャートで1位を獲得し、2000年の年間アルバムランキングでは第18位にランクインした。歌詞ブックレットを含むアート・ワークは、モノクローム調で統一されている。

「自分の信念に基づき、やりたい事をやった曲」と後に懐述した[1]Love Love Love」を収録。コンセプト・ライブ「Ken's Bar」や通常のコンサート・ツアーでも、セットリストからほぼ外れたことがない楽曲となっている。

「楽園」や本アルバムのヒットを機に、男性R&Bシンガーという存在がクローズ・アップされることとなった。発売から時が経て、スタッフからは「なんで突然、この曲が売れたのかね」と言われることが多い、と歌手デビュー10周年時のオリコン誌上インタビューで語っている[2]。また、2000年当時の音楽雑誌等インタビュー記事では、あまりに "R&B" で語られる自分自身について、「ルーツは歌謡シンガーである」という思いを強調している機会も多く見られた[3]

発売から約4ヵ月後、これまでに発売されたアルバムと合わせ、デフスターレコーズよりの再発が行われた。オリコンではソニーレコード版とデフスターレコーズ版の合算でミリオンセラーを達成している。

収録曲[編集]

  1. Introduction -HERE COMES KH-(0:25)
  2. Love Love Love(5:27)
  3. why(5:49)
    • 作詞: 平井堅 、作曲: 松原憲 、編曲: Maestro-T
  4. affair(5:18)
  5. the flower is you (5:09)
    • 作詞: 平井堅 、作曲: 割田康彦 、編曲: 松原憲
  6. Interlude -BRIGHTEN UP-(1:17)
    • 作曲・編曲: 中野雅仁
  7. K.O.L(4:26)
    • 作詞: 平井堅 、作曲・編曲: 村山晋一郎
  8. LADYNAPPER(5:34)
    • 作詞・作曲: 平井堅 、編曲: 中野雅仁
  9. Unfit In Love(4:53)
  10. wonderful world(4:52)
    • 作詞: 藤林聖子 、作曲・編曲: 中野雅仁
    • シングル「why」のカップリング曲
    • シングルには「wonderful world (KREVA remix feat.KREVA from KICK THE CAN CREW)」も収録されている。
  11. Interlude -TURN OFF THE LIGHTS-(0:44)
    • 作曲・編曲: 中野雅仁
  12. 楽園(5:34)
  13. アオイトリ(4:57)
    • 作詞: 平井堅 、作曲: 西賢二 、編曲: 中野雅仁
  14. The Changing Same ~変わりゆく変わらないもの~(5:48)
    • 作詞: 平井堅 、作曲・編曲: 中野雅仁

関連作品[編集]

  • Love Love Love
Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ
  • why
Kh re-mixed up 1(CASSETTE VISION remix)
Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ
  • affair
シングル「楽園」カップリング曲
  • wonderful world
シングル「why」カップリング曲
Kh re-mixed up 1(KREVA remix feat.KREVA from KICK THE CAN CREW)
  • 楽園
Kh re-mixed up 1(BIRTHDAY MIX)
Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ

脚注[編集]

  1. ^ 音楽雑誌ROCKIN'ON JAPAN』(ロッキング・オン刊、25 JUNE 2002 VOL.223)より。
  2. ^ オリコン『oricon style』内連載企画「平井堅の歌バカ10年史!!」(2005年11月28日号)より。
  3. ^ オリコン『The Ichiban』(2000年10月23日号)など。
  4. ^ 久保田利伸が楽曲提供を行わず、音楽プロデューサーのみを担当した初めての作品。
  5. ^ 制作費が低予算であったため、現地まで実費で行ったという秘話を後に自身がラジオパーソナリティを務めたラジオ番組内で語った。