T.Love

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T.Love
基本情報
出身地 ポーランドの旗 ポーランド チェンストホヴァ
ジャンル ロック
活動期間 1982-
メンバー
ジグムント・“ムニエク”・スタシチック (1982-)
マツィェイ・マイヒルザク (1994-)
ヤン・ペンチャク (2007-)
パヴェウ・ナジメク (1991-)
シーデゥネイ・ポラック (1990-)
ミヒァウ・マレツキ (2005-)
旧メンバー
ヤヌシ・コノロヴスキ (1982-1985)
ヴォイツィェヒ・ヴィェルス (1983-1984)
アンドルゼイ・ゼニチェヴスキ (1984-1989)
ラファウ・ヴウォチェヴスキ (1986-1989)
ヤロスワフ・コヴァルスキ (1986)
ヤン・ベネデック (1990-1994)
クルィシトフ・シマニスキ (1990-1991)
クルィシトフ・ザヴァドカ (1991-1992)
ヤツェク・ペルコヴスキ (1992-2007)
ヤツェク・シリヴズィニスキ (1983-1989)
プルゼムィスワフ・ヴイツィツキ (1990)
トマシ・“ヴォルフガング”・グロホヴァルスキ (1991)
ヤツェック・ヴゥデツキ (1982-1987)
ピョトル・ヴィソツキ (1987-1989)
ロベルト・サンベラン (1989-1990)
ダリューシ・ザヨンツ (1982-1989)
ロムアルド・クニコヴスキ (1991-1994)
ヤロスワフ・ヴォシチュィナ (1982-1983)
ヘンルィク・ヴォサンジュニク (1983)
ピョトル・マラク (1984-1985)
トム・ピェルズヒァルスキ (1985-1989)
ヴォーカルのジグムント“ムニエク”スタシチック

T.Love(ティ・ラブ)は、ポーランドロックバンド。チェンストホバ市で結成。1980年代にはパンクロックに影響されていたが、時間が経つに連れてポップロックへと向かっている傾向にある。

来歴[編集]

1982年、T.LoveはTeenage Love Alternative(1987年にかけて作用されたバンドの名前)として、ジグムント“ムニエク”スタシチック(声楽家)、ヤヌシ・コノロヴスキ(ギターリスト)、ダリューシ・ザヨンツ(キーボーディスト)、ヤツェック・ヴゥデツキ(ドラマー)によって結成された。

このバンドはプロの稽古不足にもかかわらず、すぐに聴衆が増えた。それに際して、1984年のヤロチン・フェスティバルの間には音楽スターとして演奏を行う。たびたび酒の勢いで演奏されたことのおかげで、パンクロックの聴衆の中には大人気になったのだった。1989年、スタシチックの英国への出発の結果、音楽活動は休止した。

1991年、スタシチックがポーランドへ帰還し、バンドを復活させる。以前のバンドの参加者は、スタシチックを除いて誰も残っていなかった。そこで新たなメンバーになったのが、ヤン・ベネデック(ギターリスト)及びシーデゥネイ・ポラック(ドラマー)である。1990年代、T.Loveが多くのヒットソングを放ちながら、商業的成功をもたらした。1998年、「Best.Love」というヒットソングアルバムをリリースした。

T.Loveは2004年から2005年にかけてコンサート活動を休止する。それから再び活動し始め、多くの内輪喧嘩の挙げ句の果て、「I Hate Rock'n'Roll」という斬新なアルバムをリリースした。このアルバムこそ、遡源したものである。

メンバー[編集]

太字は現在も在籍しているメンバー)

ヴォーカル[編集]

  • ジグムント・“ムニエク”・スタシチック (Zygmunt Staszczyk) (1982-)

ギター[編集]

  • ヤヌシ・コノロヴスキ (Janusz Knorowski) (1982-1985)
  • ヴォイツィェヒ・ヴィェルス (Wojciech Wierus) (1983-1984)
  • アンドルゼイ・ゼニチェヴスキ (Andrzej Zeńczewski) (1984-1989)
  • ラファウ・ヴウォチェヴスキ (Rafał Włoczewski) (1986-1989)
  • ヤロスワフ・コヴァルスキ (Jarosław Kowalski) (1986)
  • ヤン・ベネデック (Jan Benedek) (1990-1994)
  • クルィシトフ・シマニスキ (Krzysztof Szymański) (1990-1991)
  • クルィシトフ・ザヴァドカ (Krzysztof Zawadka)) (1991-1992)
  • ヤツェク・ペルコヴスキ (Jacek Perkowski) (1992-2007)
  • マツィェイ・マイヒルザク (Maciej Majchrzak) (1994-)
  • ヤン・ペンチャク (Jan Pęczak) (2007-)

ベースギター[編集]

  • ジグムント・“ムニエク”・スタシチック (Zygmunt Staszczyk) (1982-1983)
  • ヤツェク・シリヴズィニスキ (Jacek Śliwczyński) (1983-1989)
  • プルゼムィスワフ・ヴイツィツキ (Przemysław Wójcicki) (1990)
  • トマシ・“ヴォルフガング”・グロホヴァルスキ (Tomasz "Wolfgang" Grochowalski) (1991)
  • パヴェウ・ナジメク (Paweł Nazimek) (1991-)

ドラム[編集]

  • ヤツェック・ヴゥデツキ (Jacek Wudecki) (1982-1987)
  • ピョトル・ヴィソツキ (Piotr Wysocki) (1987-1989)
  • ロベルト・サンベラン (Robert Szambelan) (1989-1990)
  • シーデゥネイ・ポラック (Sidney Polak) (1990-)

キーボード[編集]

  • ダリューシ・ザヨンツ (Darek Zając) (1982-1989)
  • ロムアルド・クニコヴスキ (Romuald Kunikowski) (1991-1994)
  • ミヒァウ・マレツキ (Michał Marecki) (2005-)

サックス[編集]

  • ヤロスワフ・ヴォシチュィナ (Jarosław Woszczyna) (1982-1983)
  • ヘンルィク・ヴォサンジュニク (Henryk Wosążnik)) (1983)
  • ピョトル・マラク (Piotr Malak) (1984-1985)
  • トム・ピェルズヒァルスキ (Tom Pierzchalski) (1985-1989)

アルバム[編集]

T.Love Alternative として[編集]

  • Nasz Bubelon (unofficial) – 1984
  • Chamy idą (unofficial) – 1984
  • Miejscowi live (concert compilation) – 1988
  • Wychowanie – 1989, reedition in 2003
  • Dzieci rewolucji (compilation) – 1992
  • Częstochowa 1982-1985 – 1995

T.Loveとして[編集]

  • Pocisk miłości - 1991 「戀の弾」
  • King - 1992
  • I Love You - 1994
  • Prymityw - 1994 「ダサい奴」
  • Al Capone - 1996
  • Chłopaki nie płaczą - 1997 「男の人は泣かない」
  • BesT.Love - 1998
  • Antyidol - 1999
  • Model 01 - 2001
  • T.Live – 2003
  • I hate rock'n'roll – 2006