T字形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T字形

化学において、T字形分子構造(Tじがたぶんしこうぞう、T-shaped molecular geometry)とは、中心原子が3個の配位子を持つやや独特な分子構造である。通常、三配位化合物はその配位子の立体反発によって平面三角形構造をとる。VSEPR理論によると、中心原子には3個の配位子の他、2対の非共有電子対が結合している。3原子間の結合角は90°および180°をとることによりT字を形作っている[1]。AXEタイプではAX3E2と表され、この分子構造をとるものにはClF3のような三フッ化ハロゲンがある。

脚注[編集]

  1. ^ "Chemistry Dictionary and Glossary." 2005. http://www.ktf-split.hr/glossary/no_en_o.php?def=T-shaped%20molecular%20shape

関連項目[編集]

外部リンク[編集]