sugar (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
sugar
TOKIO の アルバム
リリース 2008年2月20日
ジャンル J-POP
時間 DISC 1:33分08秒
DISC 2:-分-秒(初回プレスのみ)
レーベル ユニバーサル・ミュージック
プロデュース TOKIO
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 登場回数6回(オリコン)
ゴールド等認定
TOKIO 年表
Harvest
2006年
sugar
2008年
17
2012年
sugar 収録の シングル
  1. ひかりのまち/ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)
    リリース:2007年3月28日
  2. 本日、未熟者/Over Drive
    リリース:2007年8月15日
  3. 青春 SEISYuN
    リリース:2007年11月28日
テンプレートを表示

sugar』(シュガー)は、TOKIOの11作目のオリジナルアルバム2008年2月20日ユニバーサル・ミュージックより発売(初回盤A:UPCH-9415/初回盤B:UPCH-9416/通常盤初回プレス:UPCH-9417/9418)。

概要[編集]

前作『Harvest』からおよそ1年4ヶ月ぶりのオリジナルアルバムであり、ユニバーサルミュージックでの最後のオリジナルアルバムであるが曲数としてはアルバム曲が2曲のみのミニアルバムであり、長瀬もラジオでミニアルバムと発言している。

2007年にリリースしたシングル『ひかりのまち/ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)』『本日、未熟者/Over Drive』『青春 SEISYuN』を収録。

シングルの他、作詞・作曲を長瀬智也、編曲をTOKIOが手がけたオリジナル曲「sugar」、サザンオールスターズ桑田佳祐が手掛けた中村雅俊の曲「恋人も濡れる街角」(1982年)のカヴァー含め全7曲を収録。

3パターンのリリースで、「初回盤A」は金色、「初回盤B」は銀色、「通常盤(初回プレス)」は黒色にそれぞれ塗装されたジャケットとなっている。

2009年6月24日J Stormより通常盤仕様として再発売された。これに合わせてユニバーサルより発売されたオリジナル盤は初回・通常盤とも廃盤となった。

収録内容[編集]

収録曲[編集]

  1. sugar
    作詞・作曲:長瀬智也、編曲:TOKIO
    本作に収録されている唯一の新曲。
  2. Over Drive
    作詞・作曲:オオヤギヒロオ、編曲:山原一浩
  3. 青春 SEI SYuN
    作詞・作曲:長渕剛、編曲:船山基紀
  4. ひかりのまち
    作詞・作曲:甲斐よしひろ、編曲:西村智彦
  5. 恋人も濡れる街角
    作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:TOKIO
  6. 本日、未熟者
    作詞・作曲:中島みゆき、編曲:船山基紀
  7. ラン・フリー (スワン・ダンスを君と)
    作詞・作曲:甲斐よしひろ、編曲:西村智彦、Chorus Arrange:坂井紀雄

付属内容[編集]

DVD(初回盤A)[編集]

  1. 宙船 (そらふね)」「明日を目指して!」「カンパイ!!」 from Johnnys' Countdown 2007-2008
  2. 「sugar」 Jacket Shooting

DVD(初回盤B)[編集]

  1. 何度も夢の中でくり返すラブ・ソング」 SCHOOL FESTIVAL from TOKIO Special GIGs 2006
    ライブDVD「TOKIO Special GIGs 2006 〜Get Your Dream〜」には未収録であった映像が収録されている。
  2. 「sugar」 Recording

Disc-2(Bonus Tracks)(通常盤初回プレス)[編集]

  1. 青春 SEI SYuN 〜感動〜
    編曲:沢田完
    長瀬主演のドラマ「歌姫」の劇中に使用された「青春 SEISYuN」のインストバージョン。ストリングスをメインとした伴奏である。
  2. 青春 SEI SYuN 〜Action〜
    編曲:船山基紀・沢田完
    同じくドラマ「歌姫」の劇中で使用されたインストバージョン。基本的にオリジナルバージョンと同じ伴奏であるが、メロディーラインがエレキギターの伴奏になり、ストリングスが強調されている。
  3. 青春 SEI SYuN 〜せつない〜
    編曲:沢田完
    同じくドラマ「歌姫」の劇中で使用されたインストバージョン。クラシックギターをメインとした伴奏である
  4. 宙船 (そらふね) 〜jumble version〜
    編曲:船山基紀・KAM
    「宙船(そらふね)」のアレンジバージョン。ライブでよく演奏されるアレンジで、出だしのサビのみシングルの初回限定盤に収録されたアコースティックバージョンで、以降はオリジナルバージョンに近いアレンジに戻る。オリジナルと比較すると、ブラスとストリングスがカットされた事によりバンドの演奏が前面に押しだされ、シンプルな印象を受ける。ラストのサビではオリジナルにないメンバー全員のコーラスが追加されている。
  5. 本日、未熟者 〜unplugged〜
    編曲:沢田完
    長瀬が以前「ミュージックステーション」にソロで出演した際に演奏したアコースティックアレンジで、初音源化となる。また、「ミュージックステーション」で演奏した際には省かれた2番も収録されている。