D'espairsRay

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Squall (D'espairsRayの曲)から転送)
移動: 案内検索
D'espairsRay
J-Rock Revolution 2007にて。}
J-Rock Revolution 2007にて。
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル インダストリアル・メタル
オルタナティブ・メタル
ニュー・メタル
ゴシックメタル
ハードロック
活動期間 1999年 - 2011年
2014年
レーベル デリシャス・デリ・レコーズ, スパインファーム・レコード, 岩神
事務所 Sweet Child, Sword Records
公式サイト D'espairsRay Official Web Site
メンバー
HIZUMI
Karyu
ZERO
TSUKASA

D'espairsRay(ディスパーズレイ)は、日本ロックバンド。バンド名の意味は光と闇。略称はディスパ1999年9月9日結成。2011年6月15日解散。

メンバー[編集]

来歴[編集]

  • 1999年
    • 9月9日、現4人のメンバーで東京にて結成。結成当時は自主制作で活動をしていたが、2003年には音楽事務所『SWEET CHILD』と契約する。
  • 2006年
    • 1月に1stアルバム『Coll:set』がヨーロッパでリリース。
    • 欧米9か国のライブで総動員数1万5千人を記録し、海外での支持を獲得した。
    • 8月にはドイツで7万人を集めたヨーロッパ最大のメタルフェスティバルWacken Open Airに唯一の日本人バンドとして参加。
  • 2007年
    • 6月に2ndアルバム『MIRROR』がヨーロッパでリリース。
    • フィンランドでの2万人規模の2つのフェスTUSKA OPEN AIR 、RUISROCKに出演。
  • 2009年
    • 3月11日、アルバム『REDEEMER』のリリースを以てメジャーデビュー、新レーベル『Delicious Deli Records』に移籍した。
  • 2010年
    • 9月21日、HIZUMIの声帯治療を目的としてD'espairsRayの音楽活動全般を無期限休止すると発表。12月30日のワンマンツアーである「D'espairsRay World Tour 2010 "Human-clad Monsters" FINAL」をもって活動休止した。しかしその後、HIZUMIの喉の回復が見込まれず、メンバー4人で協議した結果、2011年6月15日付で解散することを発表した。
  • 2014年
    • 7月29日に開催されるAngelo主催のイベント<-Angelo Presents-「THE INTERSECTION OF DOGMA」>Zepp DiverCity Tokyo)に出演する事が5月5日に発表された。この再集結が継続的なものか否かは明らかとなっていない[1]

概要[編集]

バンドのテーマは「ダークと破壊」で、ヘヴィなサウンドにシンセサイザーを混ぜたインダストリアルなサウンドが特徴である。

作詞は基本的にHIZUMIが担当し、作曲は主にKaryu、TSUKASAが担当する。 またメジャーデビュー以降最初のシングルの『FINAL CALL』からはabingdon boys school岸利至がプロデュースを担当している。

ファンのことはマニアと呼ばれ、リリースされる作品には「マニア向け」と記載されている。 2008年6月から、バンドロゴがD'ESPAIRSRAYと全て大文字表記へ変わったが、正式なバンド名はD'espairsRayのまま変更はない。

日本国外でのライブ活動[編集]

フィンランドのロックフェスティバル「ルイスロック」にて。
2004年
  • 10月 、ドイツベルリン、フランスパリでのワンマン公演
2005年
  • 5月、西海岸・11月に東海岸で現地のバンドと共同でのアメリカツアー
  • 10月、ヴィジュアル系バンド蜉蝣と共同でのツアーでドイツミュンヘン、フランスパリでの公演
2006年
  • 8月、ヨーロッパ大型メタルフェスティバル『Wacken Open Air』への出演
  • 11月、ヨーロッパ8ヶ国(14公演)でのワンマンツアー
2007年
  • 5月、アメリカロサンゼルスでのイベント『J-ROCK REVOLUTION』への出演
2008年
  • 2 - 4月、全米43都市で行われたロックフェスティバル『taste of CHAOS2008』への出演
2009年
  • 7月、ヨーロッパ8ヶ国(13公演)でのワンマンツアー
2010年
  • 3月14日、台湾高雄『MEGAPORT MUSIC FESTIVAL2010』への出演
  • 8・9月、アメリカ6公演、ヨーロッパ7ヶ国(11公演)でのワンマンツアー

ディスコグラフィー[編集]

デモテープ[編集]

タイトル 発売日 収録曲 備考
1999年
「S」yste「M」
無料配布デモテープ
「S」yste「M」 1999年 「S」yste「M」 無料配布デモテープ
さくら 1999年 さくら 無料配布デモテープ
RAZφR 2000年 RAZφR 無料配布デモテープ
裏マニアシアター 2002年1月28日 ヴァレンタイン
「モノクロ」になった最期の日
初回限定1000本シリアルNo.入り

シングル[編集]

No. タイトル 発売日 備考
01 蜘蛛 2000年10月21日 初回限定盤1000枚、紙ジャケット
02 眩惑 2001年4月1日 初回限定盤1000枚、紙ジャケット
03 Sixth TERROR 2001年8月29日 高田馬場AREAワンマン無料配布
04 SEXUAL BEAST 2002年6月5日 初回限定盤2000枚
05 MaVERiCK 2003年2月12日 初回限定5000枚、 2ndマニアジャケ限定3000枚
06 Garnet 2003年11月12日
07 -GEMINI- 2004年9月1日 初回限定版DVD付き
08 凍える夜に咲いた花 2006年4月5日 初回限定版DVD付きA、B、通常版
09 Squall 2007年3月14日 初回限定版DVD付き、通常版のみ『Screen』収録
10 BRILLIANT 2008年5月14日
11 KAMIKAZE 2008年8月6日 初回限定版DVD付、通常版のみ『BRILLIANT-Live 30 Dec. 07』収録
12 HORIZON 2008年12月3日 初回限定版DVD付、通常版のみ『闇に降る奇跡 Classical White Ver.』収録
13 FINAL CALL 2009年9月9日 メジャーデビューシングル、限定A、B、通常版のみ『ARK IN THE STORM』収録
14 LOVE IS DEAD 2010年4月14日 初回限定版、通常版のみ『CROSSED ARROWS』収録

ミニアルバム[編集]

No. タイトル 発売日 備考
01 -TERRORS- 2001年7月21日 初回限定盤3000枚
02 BORN 2004年4月28日 初回限定盤DVD付

アルバム[編集]

No. タイトル 発売日 備考
01 Coll:set 2005年6月29日
02 MIRROR 2007年4月11日 初回限定版、通常版
03 REDEEMER 2009年3月11日 メジャーデビュー作品
04 IMMORTAL 2009年12月29日 インディーズベストアルバム
05 MONSTERS 2010年7月28日 初回限定版CD+DVD、通常版
06 ANTIQUE 2011年3月14日 コア作品集(ベストアルバム)、初回限定盤のみミュージック・クリップを11曲収録したDVD付

オムニバス[編集]

タイトル 発売日 収録曲
HYSTERIC MEDIA ZONE V.A 2000年12月21日 「S」yste「M」
L∞P-Divide Neo Abomination-
檻の中で見る夢 2002年9月8日 檻の中で見る夢
檻の中で見る夢 (アニマルマニアver.)
異端児 2003年1月20日 異端児
SHOCK WAVE CD the SELECT 2005年10月26日 「タトエバ」キミ...ガ...シンダ...ラ

DVD[編集]

タイトル 発売日 備考
murder Day 2005年4月1日 LIVE DVD
The world outside the cage 2006年3月8日 ドキュメンタリーDVD
[LIQUIDIZE]-融合スル体温- 2006年12月17日 LIVE DVD
Spiral Staircase #15 Final 2007年9月5日 LIVE DVD
10th Anniversary LIVE Closer to ideal-Brandnew scene- 2009年12月29日 LIVE DVD
“Human-clad Monsters”FINAL 2011年4月13日 LIVE DVD(活動休止ライヴ)※エンドロール後に隠し曲が収録されている

出典[編集]

外部リンク[編集]