Software Defined Networking

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Software Defined Networking(ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング、SDN)はソフトウェアによりネットワークを制御する技術のこと。ネットワーク仮想化(NFV:Network Functions Virtualization)はその応用の一つである。2008年にカリフォルニア大学バークレー校スタンフォード大学で研究が開始された。SDNはコントロールプレーンからデータプレーンへのコミュニケーションを必要とし、その通信プロトコルの一つとしてはOpen Flowが存在する。現在は、Open Networking FoundationによってOpen Flow規格の策定とSDNの推進が進められている[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]