Socket 604

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket 604
Syn 8.jpg
ソケット形式 PGA-ZIF
チップ形状 PGA
コンタクト数 604ピン
採用プロセッサ Intel Xeon

Socket 604 は、インテルXeonプロセッサ用を接続するための、604 ピンのCPUソケットである。Socket 604 は、電気的な接続と同時に物理的な保持も行う。Socket 604はヒートシンクを保持する様に設計されている。


技術仕様[編集]

Socket 604 は、ワークステーションやサーバプラットフォーム向けとしてインテルが設計した ZIF ソケットである。Socket 604 は 604 本のピンを有するが、電気的な接点は 603 本だけである。残りのピンはダミーピンである。[1] それぞれの接点は 1.27 mm ピッチの規則的な配列であり、604 ピンパッケージのプロセッサと接合する。

Socket 604 プロセッサは、400, 533, 667, 600, 1066 MHz のバス速度が利用可能であり、130 nm プロセス、90 nm プロセス、65 nm プロセス、45 nm プロセスで製造された。Socket 604 用プロセッサは、余分なピンが存在するために Socket 603 用マザーボードに挿入することが出来なかった。しかし、追加されたソケットの穴は動作に影響しないため、Socket 603 用プロセッサは Socket 604 用のマザーボードに挿入することが出来た。

Socket 604 用のプロセッサは 1.60 GHz から 3.80 GHz の範囲で存在した。この高いクロックレートは、古く、性能の低い NetBurst 世代の Xeon だけに存在した。


関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ What is Socket-604?”. www.tech-faq.com. 2009年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]