Socket 478

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket 478
Socket 478.jpg
ソケット形式 PGA-ZIF
チップ形状 FC-PGA2, FC-PGA4
コンタクト数 478ピン (Socket Pも同じ478ピン)
バスプロトコル AGTL+
FSB 400 MT/s
533 MT/s
800 MT/s
採用プロセッサ Pentium 4 (1.4~3.4GHz)
Celeron (1.7~2.8GHz)
Celeron D (2.13~3.2GHz)
Pentium 4 Extreme Edition (3.2,3.4GHz)

Socket 478は、インテルPentium 4CeleronシリーズのCPUで使用されるCPUソケットである。狭義には左記のとおり電子部品であるソケット自体を指すが、転じて広義には、このソケットとともに用いられた各種規格も含み、このソケットに挿すことができるCPUの仕様を言う。本項でも広義について解説する。

Socket 478は、全てのNorthwoodコアのPentium 4とCeleron、初期のPrescottコアのPentium 4、一部のWillametteコアのCeleronとPentium 4で使用された。Socket 478は、より新しいPrescottコアのCeleron Dと、2MBのL3キャッシュを持つ初期のPentium 4 Extreme Editionプロセッサもサポートしている。このソケットはAMDの462ピンのSocket AAthlon XPプロセッサに対抗するために、Northwoodコアと共に発表された。Socket 478はハイエンドからローエンドまでのプロセッサに適応し、Willametteコア用のソケットであるSocket 423の置き換えでもあった。Socket 423は短期間で販売を終了した。

Socket 478を使用するマザーボートはDDRRDRAMを、一部はSDRAMをサポートする。しかし、大多数のマザーボードはDDRを採用している。初期のマザーボードはRDRAMだけをサポートしていた。しかし、RDRAMはDDRやSDRAMに比べて非常に高価であり、消費者に受け入れられなかった。結果として、DDRとSDRAMのマザーボートが作られた。Socket 478をサポートするチップセットの改訂版では、より高いFSBクロック、高いDDRクロック、デュアルチャネルDDRのサポートが加えられた。

前のSocket 423と同様に、Socket 478はインテルのQuad Data Rateテクノロジに基づき、FSBクロックレートの4倍の速度でデータを転送する。従って、400MT/sバスは100MHzのクロック信号で動作しながら、3.2GB/sのデータをチップセットに提供することができる。Socket 478がリリースされたころ、このような高いデータレートをサポートするSDRAMは存在しなかったので、インテルはPC800の2チャンネルで同期データ転送の能力を持つ、RDRAMテクノロジを推奨した。高価なRDRAMが消費者に受け入れられなかったことで、インテルは性能の低いPC133をサポートしたチップセットをリリースし、最終的にはDDRのチップセットをリリースした。

オリジナルの400MT/sのバスはPC3200のデータレートに適合していたが、PC3200が利用できるようになるころには、このバス速度は時代遅れとなった。後のチップセットではデュアルチャネルメモリが導入されたので、一組のPC3200モジュールは800MT/sのFSBに適合することが出来た。

特筆するCeleron Dは4倍速で133MHzバスを利用し、533MT/sのFSBを提供する。Celeron Dは256KBのL2キャッシュを持ち、Prescottコアを使用して90nmプロセスで製造される。

後に採用されたインテルのモバイルCPUのソケット形状(Socket 479Socket MSocket P)とは電気的互換性はなく、誤挿入防止のためピン配列に相違がある。

Socket 478はLGA775で 置き換えられた。

仕様[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]