Socket 423

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket 423
Socket423.png
ソケット形式 PGA-ZIF
チップ形状 Organic Land Grid Array (OLGA) on Interposer (OOI) (INT2 and INT3)
コンタクト数 423ピン
バスプロトコル AGTL+
FSB 100MHz
(Quad Data Rate(QDR)バスにより、FSB400と同等)
電圧範囲 1.0~1.85 V
採用プロセッサ インテル Pentium 4(1300~2000MHz)

Socket 423は、Willametteコアに基づいた初期のPentium 4プロセッサで使用されるCPUソケットである。狭義には左記のとおり電子部品であるソケット自体を指すが、転じて広義には、このソケットとともに用いられた各種規格も含み、このソケットに挿すことができるCPUの仕様を言う。本項でも広義について解説する。

2.0GHzを超えるクロックに対して、電気設計が不十分であることが明らかになったため、このCPUソケットは短命であった。インテルがSocket 423パッケージを採用したチップを出荷した期間は2000年11月から2001年8月までであり、一年にも満たない。Socket 423はSocket 478で置き換えられた。

"PowerLeap PL-P4/N"は、Socket 478向けのプロセッサをSocket 423で使用するために開発された、ソケットアダプタ型の装置である。

仕様[編集]

  • ソケット形式
  • パッケージ
    • Organic Land Grid Array (OLGA) on Interposer (OOI) (INT2 and INT3)
  • ピン数
    • 423ピン
  • バスプロトコル
    • AGTL+
  • FSB
    • 100MHz
    • Quad Data Rate(QDR)バスにより、FSB400と同等。
  • 電圧範囲
    • 1.0~1.85V
  • 対応プロセッサ

外部リンク[編集]