Smartgate

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Smartgateオーストラリア税関局が導入している自動化出入国管理システムである。オーストラリアに入国しようとしている旅行者に対して、人間の係官が通常行っている入国審査と税関の仕事を自動化する、安全で単純なシステムとなることを目指している。これは、バイオメトリック・パスポートである ePassport プロジェクトと関連している。

Smartgate では、旅行者の画像を新たに撮影し、顔認識システムを使い、ePassport にあるデジタルの顔画像と一致するかどうかを調べる。Smartgate を使った入国では、通常の入国審査と税関のチェックが省略される。うまく一致すれば、旅行者は税関のチェックポイントより先の地点まで行ける。うまく一致しなかった場合、税関の係官が対応する。

ePassport を持つオーストラリア人と他国の発行した国際民間航空機関 (ICAO) 仕様準拠の ePassport を所持する人は、Smartgate が設置されているオーストラリア国内の空港では、Smartgate を使うことができる。

バイオメトリック・パスポートを使った Smartgate の試験運用は、2004年後半からカンタス航空の platinum frequent flyers に分類される約1000人の人々に拡大された。想定されるユーザーに送られた電子メールによると、乗客は写真を撮られ、そのデータが Smartgate のデータベースに24時間以内に追加されることになっている。

しかし、顔認識技術は国家セキュリティを担えるほど正確なものではないという批判もある。ZDNet オーストラリア版の記事によると、「オーストラリアのパスポートに生体認証を導入する際の問題は、オーストラリア市民がアメリカ合衆国に行ったときには、同国のカウンターテロリズム対策の一環として、指紋と写真撮影をされるということを意味する」としている[1]

2007年9月、ブリスベン空港で Smartgate システムの一般旅客への適用が開始された。他の国際空港への適用拡大は、ePassport の浸透率の状況を見て決定される予定である。

脚注[編集]

  1. ^ Pearce, James (2004年4月5日). “Biometric doubts see travelers photographed, fingerprinted”. ZDNet Australia. 2007年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]