SmartFTP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SmartFTP
開発元 SmartSoft Ltd
初版 1998年(16年前) (1998
最新版 6.0 ビルド 2081 - 2014年10月1日(30日前) (2014-10-01 [1][±]
対応OS Microsoft Windows XP, 2003, Vista, 2008(R2), 7, 2012(R2), 8, 8.1 [2]
対応言語 20以上[3]。英語、オランダ語、スペイン語、中国語、ドイツ語、日本語、フィンランド語、フランス語、ペルシア語[4]など
サポート状況 開発中
種別 FTPクライアント
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.smartftp.com
テンプレートを表示

SmartFTP米国では著名なシェアの高い[要出典]FTPクライアントWindowsに内蔵されたエクスプローラのコンポーネントを内部的に呼び出すことで、高い操作性を持つのが特徴。SmartFTPの最初のバージョンは1998年に公開されて、多言語対応をしているため世界中で利用されている。

他の特徴として、以下のようなものがある[5]

  • UTF-8ファイル名をサポート。ひらがな、カタカナ、漢字を含んだファイル名も問題なくFTPサーバにアップロードできる。
  • 「転送キュー」「一時キュー」機能を搭載。時間を指定した複数ファイルの一括アップロードができる。
  • FXPに対応したFTPサーバなら、サーバ間のファイル・コピーもドラッグ・アンド・ドロップが可能。
  • Wingate、Winproxy、CSM、Checkpoint FW-1、Raptorなどのファイアーウォールへのログイン。
  • 暗号化FTP通信「FTPS」(File Transfer Protocol over SSL/TLS)に対応[6]

脚注[編集]

  1. ^ 配布物件のタイムスタンプ”. 2014年10月3日閲覧。
  2. ^ SmartFTP - ダウンロード”. 2013年11月14日閲覧。
  3. ^ SmartFTP - 機能”. 2013年8月2日閲覧。
  4. ^ “SmartFTP. Localization Projects”. http://www.smartftp.com/localization.php 2007年12月7日閲覧。 
  5. ^ SmartFTP - 機能”. 2013年6月3日閲覧。
  6. ^ SSL/TLSサーバー証明書の署名を検証しない版 (3.0.1016.15など) もあったので、なりすましにたいする注意が必要。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]