Slot 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Slot 2
Slot 2
ソケット形式 Slot
チップ形状 SC330
コンタクト数 330ピン
バスプロトコル GTL+、後にAGTL+
FSB 100, 133 MT/s
電圧範囲 1.3~3.3 V
採用プロセッサ Intel Pentium II Xeon (400-450 MHz)
Intel Pentium III Xeon (500-1000 MHz)

Slot 2は、インテルが一部のPentium II Xeonと一部のPentium III Xeonで使用した330接点のエッジコネクタの、物理的・電気的仕様である。

最初に導入されたとき、Slot 1Pentium IIは、ホーム/デスクトップとローエンドのSMP市場のPentiumPentium Proプロセッサを置き換えることを意図していた。マルチプロセッサのワークステーション/サーバーをターゲットとしていたPentium II Xeonは、512~2048KBまでのL2キャッシュの選択範囲とフルスピードのオフ・ダイL2キャッシュ(Pentimu IIはコスト削減のため、CPUスピードの半分で動作する、より安価なサードパーティのSRAMチップを使用した)を除いて、同じP6 Deschutesコアの後期のPentium IIと非常に良く似ていた[1]

242接点のSlot 1コネクタの設計は、XeonのフルスピードのL2キャッシュをサポートしなかったため、330接点に拡張したコネクタが開発された。この新しいコネクタは'Slot 2'と名付けられ、Pentium II Xeonと最初の2つのPentium III Xeon(コードネーム'Tanner'と'Cascades')で使用された。Slot 2は、最終的にPentium III Tualatinで使用されたSocket 370に置き換えられた。同一であるという事実にも関わらず、一部のTualatin Pentium IIIは'Pentium III'として出荷され、一部は'Xeon'として出荷された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本文では、キャッシュなどの半導体メモリの容量に言及する場合、KBは210bytesを表す。

この記述は GNU Free Documentation License のもとに公開されているコンピュータ用語辞典『 Free On-line Dictionary of Computing (FOLDOC) 』に基づいています。