Signal passed at danger

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Signal passed at dangerとは、信号無視(危険信号無視)、信号冒進を意味するイギリスの鉄道用語である。イギリスの鉄道で専門用語として使われているが、世界中に応用されている。

原因[編集]

  • 不注意
  • 注意散漫
  • 疲労

参考文献[編集]

  • クリスチャン・ウルマ―『折れたレール イギリス国鉄民営化の失敗』p177